Artue[アーチュ]はみんなでコメントする展覧会口コミサイトです

Artueについてもっと詳しく知りたい方は 「Artueとは?」 をご覧ください

ヒント

無料会員登録をすると展覧会を登録することができます。
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝 ― ボスを超えて ―

ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝 ― ボスを超えて ―

東京都美術館 [東京都]
2017年04月18日2017年07月02日
「バベルの塔」は壮大なテーマだけに、作品全体の世界観の大きさに目が行きがちですが、その中にはとんでもなく多くの登場人物が細密に描き込まれています。そして、その一人一人の人生のストーリーや、描かれた時代の社会背景のようなものまでが読み取れるようでとても面白かったです。 「バベルの塔」へたどり着くまでのいろいろな展示が、メインであるこの作品を理解するための伏線であったと最後にわかった時には、よく考えられた構成だなと思いました。
坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス

坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス

TOTOギャラリー・間 [東京都]
2017年04月19日2017年07月16日
坂さんが未発表・進行中(ラ・セーヌ・ミュジカルは4月オープン)の建築設計のプロジェクトを、コンペ映像・4m模型など、迫力ある展示で紹介しています。
千利休茶の湯館・与謝野晶子記念館

千利休茶の湯館・与謝野晶子記念館

はじめて行きましたが、千利休や与謝野晶子の事を解りやすく、楽しく知る事が出来ました。 千利休のところでは、クイズをタッチパネルで楽しめ、また与謝野晶子の所では生の原稿や初版の書籍を見る事が出来ます。 入館料が300円なので破格ではないでしょうか。 特に与謝野晶子の書籍のデザインや、短歌を感じれるところはとてもよかったです。 隣接するスタバも和テイストで素敵で、観終わった後の休憩にもピッタリです☆
メルセデス・ベンツ アート・スコープ2015-2017─漂泊する想像力

メルセデス・ベンツ アート・スコープ2015-2017─漂泊する想像力

原美術館 [東京都]
2017年05月27日2017年08月27日
メルセデスの主催する、日-独のアーティストインレジデンスの成果展です。 泉太郎さん、メンヤ・ステヴェンソンさん、佐藤時啓さんの3人ともカメラを使うけど、「演技とリアルの狭間」を捕らえる泉太郎さん、「意図されていないパフォーマンス」を捕らえるメンヤ・ステヴェンソンさん、2次元の中に「奥行き」と「時間」を捕らえる佐藤時啓さん(佐藤さんは1993年のアートスコープでフランスに滞在)、三者三様で面白かったです。 特に泉太郎さんの作品は意味があるのかないのかわからないし、笑えるけど不気味だし、どこまでが演技でどこまでがリアルなのかもわからないし。”狐につままれる”ってこんな気分かな?なんだか全部騙されているようで解説に書いてあることすら「本当かな?」って思えてきてしまうような作品で印象的でした。
S 2f5935ef 51d6 43ab b127 138c494f29f1
「トーベ・ヤンソン展 - ムーミンと生きる - 」

「トーベ・ヤンソン展 - ムーミンと生きる - 」

あべのハルカス美術館 [大阪府]
2015年07月25日2015年09月27日
かのムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソン氏の生涯を紹介した展覧会。以前のムーミン展のようにムーミンだけではなく、彼女の描いた様々なものやアトリエ、大切にしていた何か、、、色々と観ることができます。 素敵な展覧会でした。
大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで

大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで

東京都江戸東京博物館 [東京都]
2016年07月05日2016年08月28日
あべのハルカスの巡業のものを拝見しました。 水木しげる氏の偉業と影を表現しつつ、平安から江戸までも触れてくれていたのはとても嬉しかったです。 欲をいえばもっと中世をクローズアップして欲しかったなぁ 笑
「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展 『印象、日の出』から『睡蓮』まで」

「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展 『印象、日の出』から『睡蓮』まで」

京都市美術館 [京都府]
2016年03月01日2016年05月08日
モネの鮮やかで優しい色彩は大好きです!どの絵画も素敵なのですが、やはり睡蓮はピカイチですね! 後期にいったので、日の出は拝めず。。。 晩年のモネの色彩感覚が狂う?(と私は表現します)様も何だか空恐ろしく、それでも絵を描き続ける様は圧巻でした。
2016イタリア・ボローニャ 国際絵本原画展

2016イタリア・ボローニャ 国際絵本原画展

石川県七尾美術館 [石川県]
2016年11月03日2016年12月11日
兵庫県西宮市の大谷美術館で鑑賞しました! こんなにたくさんの国内、海外の絵本作家の方の原稿を観る機会はあまりないと思います。 可愛らしい絵のものからスタイリッシュなもの、シュールなものまで様々な原画を観ることができて楽しかったです。 日本の作家さんも何名も入賞されていたのも印象的でした^ ^
ミュシャ展

ミュシャ展

国立新美術館 [東京都]
2017年03月08日2017年06月05日
 ミュシャの描く女神のように美しい女性が好きなのですが、自分の知っていたミュシャはごく一部で、スラブ叙事詩の国家、民族、戦争、宗教、友和と壮大なテーマと迫力の絵に時間も忘れて見入ってしまいました。 ミュシャの誕生、経歴、時代背景が、年表やビデオで紹介されていて、作者と絵画への理解がさらに深まっていいですね。 撮影可能エリアがあって、写真を撮っていいんですね! 初めての経験で、嬉しくてたくさん撮りました。素敵なお土産ができました。
マリメッコ展

マリメッコ展

西宮市大谷記念美術館 [兵庫県]
2016年10月08日2016年11月27日
マリメッコ好きにはたまらない展覧会。大谷美術館はいつもかわいくて素敵な展覧会を開いて下さって嬉しいです。今回のものはワンピースなどの洋服からテキストデザイン、歴史までを見る事が出来てとても、面白かったです。マリメッコの映画もとても観たくなりました!!
ありがとう、さようなら信濃美術館 休館前の最後の絵画展 花ひらくフランス風景画 珠玉の名品 ミレー、コロー、シスレー、モネ

ありがとう、さようなら信濃美術館 休館前の最後の絵画展 花ひらくフランス風景画 珠玉の名品 ミレー、コロー、シスレー、モネ

長野県信濃美術館 東山魁夷館 [長野県]
2017年04月15日2017年06月18日
信濃美術館が改修される前の展覧会ということで行って来ました。風景画という少し地味なジャンルではありますが、見ごたえがありました。私は特にモネの作品が印象に残っています。絵のタッチと光の取り入れ方が素晴らしかったです。またバルビゾン派などの作品を見れたことが面白かったです。
タイ~仏の国の輝き~

タイ~仏の国の輝き~

九州国立博物館 [福岡県]
2017年04月11日2017年06月04日
古代の仏教世界の法輪が何故か気になっていたので、特別展の早い段階でそれを見て、とても感動しました。ナーガ上の仏陀座像も妙に惹かれるものがありました。やっぱり金象は美しかった!“シャム 日本人が見た南方の夢”は、日本史が好きな人には、とても興味をそそられそうだなぁと思いました。今までに見たことがないものが多かったので、そうなんだー、しらなかったなーと思うことがたくさんありました。
日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画

日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画

福岡市博物館 [福岡県]
2017年04月15日2017年06月18日
「2000年前といえば日本はなんと弥生時代。」というポンペイ・トリビアを会場内で見て、とてもびっくり!壁画がすべて奇跡とも思えるようになりました。ヤマザキマリさんと、とり・みきさんの直筆イラストが壁に描かれていたのも感動です!撮って楽しむポンペイ展ということで、写真撮影可というのも嬉しかったです。
S 6ddc1150 e988 4aa9 8a1c 71d3a80c35ca
寺村サチコ展「多分まだ、花は咲かない」

寺村サチコ展「多分まだ、花は咲かない」

橘画廊 [東京都]
2017年05月24日2017年06月04日
作品と作品のあいだに入って、さまざまな角度から鑑賞可。
WOW Showcase -生活不必需品の必要性-

WOW Showcase -生活不必需品の必要性-

Eye of Gyre [東京都]
2017年04月14日2017年06月27日
WOWがカバンやスツール、食器などの”モノ”も手がけていたのは初めて知りました。製品自体のデザインも、その特徴を映像で見せる方法もかっこいい展示でした。 特に印象に残ったのが新作の「LUX -ルクス-」というプロダクト。液晶ディスプレイのバックライトを”電球”に変え、パネルを立体的に組み上げることによって”ディスプレイ”を”照明”に変えてしまう発想に驚き!さらにそれを白い壁の部屋に置くことによって”インスタレーション”にまでなっているのがとにかくクールでした!
S 26974f5b bfd8 43f8 bf12 f6d24912af1e
ライゾマティクス創立10 周年記念展  「Rhizomatiks 10」

ライゾマティクス創立10 周年記念展 「Rhizomatiks 10」

ライゾマティクス創立10 周年記念展  「Rhizomatiks 10」

ライゾマティクス創立10 周年記念展 「Rhizomatiks 10」

スパイラル [東京都]
2017年04月19日2017年04月30日
スパイラルの長い廊下に、創立から10年の間に制作された膨大な数の作品の映像が展示されていたり、YCAMで行われた「border」のインスタレーションバージョンがHMDで体験できました!10年の間に作品が進化していく様子を見られるのも面白かったし、アートから演出、広告まで、多様な作品を改めて知ることができました。 面白かったのが、これまでのトライアル&エラーをまとめた映像集の「Rhizomatiks Trials and errors」。わくわくするような”Trials”から、「これ会社でやらかしたらめっちゃ怒られる!」みたいな”errors”まで、独創的なアイディアが生み出される過程の一部が見られたようで、なんだか嬉しかったです。
S 0823ab3e 9169 469f 945c 806f2288eef2
篠田桃紅 昔日の彼方に

篠田桃紅 昔日の彼方に

菊池寛実記念 智美術館 [東京都]
2017年03月29日2017年05月28日
初めて智美術館に行ってきました。 高層ビルが立ち並ぶ六本木エリアに、おしゃれな平屋のレストランのような建物が入り口で、ここは美術館かなのかと良い意味で驚かされ、非日常感を味わえました。 篠田桃紅さんは104歳で現役で未だ達筆というのもびっくりですが、作品は、「高齢の画家」でなく「一画家」として素晴らしい。 字なのに、草木が生い茂る風景画を見ているようでした。 こう自由に字が書けたら楽しいだろうなあ。
S 9079b305 6183 4f26 a65b a3a331a64040
六本木開館10周年記念展 絵巻マニア列伝

六本木開館10周年記念展 絵巻マニア列伝

サントリー美術館 [東京都]
2017年03月29日2017年05月14日
メインの写真にもなっている国宝の『玄奘三蔵絵巻』を目当てに行ってきました! 以前にもサントリー美術館では『玄奘三蔵絵巻』の展示を行っていましたが、少なくとも東京でこの絵巻を鑑賞できるのはここくらいしかないのではないでしょうか? HPを見ますと、展示期間に「4月24日まで」とあり焦って観に行きましたが、よくよく問い合わせたところ、巻4の展示が24日までで、日をまたいで26日からは巻8を展示するそうです。 大学卒論のテーマが玄奘だった自分としては、両方鑑賞したい!という事で、また近々観に行く予定です(笑) 絵巻を主題とした展覧会自体珍しいと思いますので、内容的にもかなり楽しめました。 絵本や物語、もっと言ってしまえば、マンガを読むような感覚で、鑑賞し浸ることが出来ます。 歴史上にたくさんの「マニア」がいるのも分かります。 「らぶ、えまき!」な方だけでなく、老若男女問わず楽しめる展覧会だと思います。
ホントはすごい!どうぶつ展 ~飛ぶ!走る!泳ぐ!~

ホントはすごい!どうぶつ展 ~飛ぶ!走る!泳ぐ!~

北九州市立いのちのたび博物館 [福岡県]
2017年03月18日2017年05月14日
神奈川県に住んでいるのですが、友人が福岡に住んでいるので旅行がてら遊びに行った際に、私自身動物は大好きなので見に行きました。 飛ぶ、走る、泳ぐそれぞれの動物たちの等身大の模型、かと思いきや剥製もありとてもリアルでした。 世界最速のチーターはどれくらいの速度なのか、ペンギンって陸を歩いているけど水の中では飛ぶよう、などなど普段触れる事のない動物たちの生態を間近で感じられて、人間と同じ生き物だけど役割や目的など全く違うと勉強させられた。 併設で大どじょう展もやっていて、水槽がずらりと並ぶ所を見ると、どじょうって案外可愛いと思いましたね。 表情がある感じです。 小さい子供も興味を持ち水槽の中を凝視していたりと、親子連れでも楽しめる場所だと思います。
アスリート展

アスリート展

21_21 DESIGN SIGHT [東京都]
2017年02月17日2017年06月04日
21_21 DESIGN SIGHTで開催される展示会にはいつも、新しい好奇心を刺激されてばかりです。無意識で動かしている身体をここまで意識的に分析していくという発想には驚かされました!体感型の展示が多いのも、今回の展示会の趣旨にマッチしていて、面白さが倍増しました。
草間彌生 我が永遠の魂

草間彌生 我が永遠の魂

国立新美術館 [東京都]
2017年02月22日2017年05月22日
草間さんの作品は眺めていると、じわじわ内から力が湧き上がるかのような気持ちになります。発せられるパワーは形容しがたいです。キュートで優しくもあり、力強く突き放されるような強さもあり。雑誌をきっかけに知りましたが、生で見る前と後では印象がまるで違いました。
いちはらアート×ミックス2017

いちはらアート×ミックス2017

いちはらアート×ミックス [千葉県]
2017年04月08日2017年05月14日
少し遠出となりましたが、以前より気になっていたので行ってみました。自然豊かな中で様々な芸術作品に触れられるのがとても魅力的なお祭りだと思います。フェス感覚でアートを楽しめるなんて、素敵でした!飽きさせない展示方法も魅力でした!
カールステン・ニコライ Parallax パララックス

カールステン・ニコライ Parallax パララックス

市原湖畔美術館 [千葉県]
2017年03月18日2017年05月14日
展示室の使い方がとてもユニークでした! 物語も感情もない淡々とした映像や写真作品ですが、規則性が見つかりそうなのに裏切られたり、ピントが合いそうで合わなかったり… なんだか、”自然”の中にある美しい秩序を抽出して、だけど計算通りにはいかない乱雑な部分も再現されたような作品が並び、美しいものを見て幸せな感覚と思い通りにいかないようなもやもやした感覚が入り混じる不思議な展覧会でした。 少し遠くて行きづらいなぁ…と思っていましたが、行ってよかったです!
S 65ea7c09 f9f0 46e7 9dd3 6b84a585d776
江戸と北京-18世紀の都市と暮らし-

江戸と北京-18世紀の都市と暮らし-

東京都江戸東京博物館 [東京都]
2017年02月18日2017年04月09日
違う国の過去を比べているのが少し不思議でけど面白く感じられています。今までにない展示であると思うので興味をもたれたらぜひあしを運ぶべきですね。