WOW Showcase -生活不必需品の必要性-

WOW Showcase -生活不必需品の必要性-

Eye of Gyre [東京都]
2017年04月14日2017年06月27日
WOWがカバンやスツール、食器などの”モノ”も手がけていたのは初めて知りました。製品自体のデザインも、その特徴を映像で見せる方法もかっこいい展示でした。 特に印象に残ったのが新作の「LUX -ルクス-」というプロダクト。液晶ディスプレイのバックライトを”電球”に変え、パネルを立体的に組み上げることによって”ディスプレイ”を”照明”に変えてしまう発想に驚き!さらにそれを白い壁の部屋に置くことによって”インスタレーション”にまでなっているのがとにかくクールでした!
S 26974f5b bfd8 43f8 bf12 f6d24912af1e
ライゾマティクス創立10 周年記念展  「Rhizomatiks 10」

ライゾマティクス創立10 周年記念展 「Rhizomatiks 10」

ライゾマティクス創立10 周年記念展  「Rhizomatiks 10」

ライゾマティクス創立10 周年記念展 「Rhizomatiks 10」

スパイラル [東京都]
2017年04月19日2017年04月30日
スパイラルの長い廊下に、創立から10年の間に制作された膨大な数の作品の映像が展示されていたり、YCAMで行われた「border」のインスタレーションバージョンがHMDで体験できました!10年の間に作品が進化していく様子を見られるのも面白かったし、アートから演出、広告まで、多様な作品を改めて知ることができました。 面白かったのが、これまでのトライアル&エラーをまとめた映像集の「Rhizomatiks Trials and errors」。わくわくするような”Trials”から、「これ会社でやらかしたらめっちゃ怒られる!」みたいな”errors”まで、独創的なアイディアが生み出される過程の一部が見られたようで、なんだか嬉しかったです。
S 0823ab3e 9169 469f 945c 806f2288eef2
篠田桃紅 昔日の彼方に

篠田桃紅 昔日の彼方に

菊池寛実記念 智美術館 [東京都]
2017年03月29日2017年05月28日
初めて智美術館に行ってきました。 高層ビルが立ち並ぶ六本木エリアに、おしゃれな平屋のレストランのような建物が入り口で、ここは美術館かなのかと良い意味で驚かされ、非日常感を味わえました。 篠田桃紅さんは104歳で現役で未だ達筆というのもびっくりですが、作品は、「高齢の画家」でなく「一画家」として素晴らしい。 字なのに、草木が生い茂る風景画を見ているようでした。 こう自由に字が書けたら楽しいだろうなあ。
S 9079b305 6183 4f26 a65b a3a331a64040
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝 ― ボスを超えて ―

ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝 ― ボスを超えて ―

東京都美術館 [東京都]
2017年04月18日2017年07月02日
初日の午後2時ごろ行ったところ、並ぶこと無く入場できたうえに、それほど混雑しておらず、メインの『バベルの塔』もゆっくりと鑑賞できました。 混雑が予想される注目の展覧会でしたが、穴場の時間があるのかもしれません。 個人的には、入ってすぐ目に飛び込んでくる彫刻作品群が非常に興味深かったです。 精緻で写実的で、一体一体個性も感じられるような完成度に思わず見入ってしまいました。 キモカワイイ(?)マスコットキャラクターの「タラ夫」も随所で見かけました。 このタラ夫が会場のどこに潜んでいるかを探すのも一興だと思います。 版画などはかなり細かいので、照明を落とした会場では少々見づらかったです。じっくりと鑑賞したい方は、目が疲れるのを覚悟して行った方が良いかもしれません。
六本木開館10周年記念展 絵巻マニア列伝

六本木開館10周年記念展 絵巻マニア列伝

サントリー美術館 [東京都]
メインの写真にもなっている国宝の『玄奘三蔵絵巻』を目当てに行ってきました! 以前にもサントリー美術館では『玄奘三蔵絵巻』の展示を行っていましたが、少なくとも東京でこの絵巻を鑑賞できるのはここくらいしかないのではないでしょうか? HPを見ますと、展示期間に「4月24日まで」とあり焦って観に行きましたが、よくよく問い合わせたところ、巻4の展示が24日までで、日をまたいで26日からは巻8を展示するそうです。 大学卒論のテーマが玄奘だった自分としては、両方鑑賞したい!という事で、また近々観に行く予定です(笑) 絵巻を主題とした展覧会自体珍しいと思いますので、内容的にもかなり楽しめました。 絵本や物語、もっと言ってしまえば、マンガを読むような感覚で、鑑賞し浸ることが出来ます。 歴史上にたくさんの「マニア」がいるのも分かります。 「らぶ、えまき!」な方だけでなく、老若男女問わず楽しめる展覧会だと思います。
ホントはすごい!どうぶつ展 ~飛ぶ!走る!泳ぐ!~

ホントはすごい!どうぶつ展 ~飛ぶ!走る!泳ぐ!~

北九州市立いのちのたび博物館 [福岡県]
2017年03月18日2017年05月14日
神奈川県に住んでいるのですが、友人が福岡に住んでいるので旅行がてら遊びに行った際に、私自身動物は大好きなので見に行きました。 飛ぶ、走る、泳ぐそれぞれの動物たちの等身大の模型、かと思いきや剥製もありとてもリアルでした。 世界最速のチーターはどれくらいの速度なのか、ペンギンって陸を歩いているけど水の中では飛ぶよう、などなど普段触れる事のない動物たちの生態を間近で感じられて、人間と同じ生き物だけど役割や目的など全く違うと勉強させられた。 併設で大どじょう展もやっていて、水槽がずらりと並ぶ所を見ると、どじょうって案外可愛いと思いましたね。 表情がある感じです。 小さい子供も興味を持ち水槽の中を凝視していたりと、親子連れでも楽しめる場所だと思います。
アスリート展

アスリート展

21_21 DESIGN SIGHT [東京都]
2017年02月17日2017年06月04日
21_21 DESIGN SIGHTで開催される展示会にはいつも、新しい好奇心を刺激されてばかりです。無意識で動かしている身体をここまで意識的に分析していくという発想には驚かされました!体感型の展示が多いのも、今回の展示会の趣旨にマッチしていて、面白さが倍増しました。
草間彌生 我が永遠の魂

草間彌生 我が永遠の魂

国立新美術館 [東京都]
2017年02月22日2017年05月22日
草間さんの作品は眺めていると、じわじわ内から力が湧き上がるかのような気持ちになります。発せられるパワーは形容しがたいです。キュートで優しくもあり、力強く突き放されるような強さもあり。雑誌をきっかけに知りましたが、生で見る前と後では印象がまるで違いました。
いちはらアート×ミックス2017

いちはらアート×ミックス2017

いちはらアート×ミックス [千葉県]
2017年04月08日2017年05月14日
少し遠出となりましたが、以前より気になっていたので行ってみました。自然豊かな中で様々な芸術作品に触れられるのがとても魅力的なお祭りだと思います。フェス感覚でアートを楽しめるなんて、素敵でした!飽きさせない展示方法も魅力でした!
ミュシャ展

ミュシャ展

国立新美術館 [東京都]
2017年03月08日2017年06月05日
美しい女性を描く画家・ミュシャ。若い頃からのファンです。現代で描かれていてもおかしくないような、新しいイラストの印象が強かったのですが、今回は新たな一面が垣間見える良い展覧会でした。スラブ叙事詩のパート、そしてそこを抜けた後のザ・ミュシャと呼べるゾーンも素晴らしいので、オススメです!
カールステン・ニコライ Parallax パララックス

カールステン・ニコライ Parallax パララックス

市原湖畔美術館 [千葉県]
2017年03月18日2017年05月14日
展示室の使い方がとてもユニークでした! 物語も感情もない淡々とした映像や写真作品ですが、規則性が見つかりそうなのに裏切られたり、ピントが合いそうで合わなかったり… なんだか、”自然”の中にある美しい秩序を抽出して、だけど計算通りにはいかない乱雑な部分も再現されたような作品が並び、美しいものを見て幸せな感覚と思い通りにいかないようなもやもやした感覚が入り混じる不思議な展覧会でした。 少し遠くて行きづらいなぁ…と思っていましたが、行ってよかったです!
S 65ea7c09 f9f0 46e7 9dd3 6b84a585d776
江戸と北京-18世紀の都市と暮らし-

江戸と北京-18世紀の都市と暮らし-

東京都江戸東京博物館 [東京都]
2017年02月18日2017年04月09日
違う国の過去を比べているのが少し不思議でけど面白く感じられています。今までにない展示であると思うので興味をもたれたらぜひあしを運ぶべきですね。
大英自然史博物館展

大英自然史博物館展

国立科学博物館 [東京都]
2017年03月18日2017年06月11日
混雑を心配していましたが、整理券制だったのでそれほど並ばずに入場でき、また入場制限のおかげで中では比較的ゆったり見られて良かったです。ダーウィンやロスチャイルドらの人物(コレクション)軸で展示されているので、普通の博物館と違って物語を読むような流れになっていたのがユニークでした。始祖鳥の化石やモアの骨格標本などに加えて、絶滅してしまった生物が生きている様子がCGで再現されたりしていたのも面白かったです。 ちなみに、この展示は国立科学博物館で開催されていて本当に良かったなぁと思える展示でした。「大英自然史博物館展」は”人物”軸のトピック的な展示が多いので、面白い!と思う展示があったらそのまま地球館の常設展に行くと、今度は”時代”や”属性”の軸でたくさんの標本と解説に出会えました!金・土曜日は午後8時まで開館しているので常設展と併せて楽しみたい展示です。
S cacb9d42 b973 4ddf b045 e9006837babb
パロディ、二重の声―日本の1970年代前後左右

パロディ、二重の声―日本の1970年代前後左右

東京ステーションギャラリー [東京都]
2017年02月18日2017年04月16日
絵画作品や漫画、映画の”パロディ”が並ぶユニークな展覧会でした。 パロディって”元ネタ”分からないと楽しめないかも…と少し不安でしたが、今回の展示ではほとんどの作品に”元ネタ”の図版が紹介されていたのが嬉しかったです。 鈴木慶則さんの「高橋由一風鮭」という作品では、あれ?!何が違うんだっけ?と見返してしまい、”知っているつもり”で、いかにちゃんと作品を見ていなかったか…と皮肉られているような気分になりました。 一方で、やっぱり”パロディ”ってリアルタイムに見てこその面白さがあるんだろうなぁ…っていう印象も。今回の展示は1970年代前後を中心とていましたが、当時の雰囲気とか流行りものとかが分かったらもっと面白いんだろうなぁと感じました。パロディ作品で笑うためにはいろんな教養が必要ですね。
S 1d4501f9 11ef 4d68 a310 00af5767af6b
マリメッコ展

マリメッコ展

Bunkamura ザ・ミュージアム [東京都]
2016年12月17日2017年02月12日
たくさんワンピースが展示してありました。 私の中で小物やバッグのイメージが強かったので、新鮮でした。 大胆でカラフルな柄でもシルエットがシンプルなら着れそうだなと思いました。 今年の春夏はマリメッコ風の服を着てみようかな。
ダリ展

ダリ展

国立新美術館 [東京都]
2016年09月14日2016年12月12日
ダリの多様性をここで知りました。 いつか、ダリの描いたタロットや不思議の国のアリスの挿絵がほしい。
Chim↑Pom展『The other side』

Chim↑Pom展『The other side』

SNAC / 無人島プロダクション [東京都]
2017年02月18日2017年04月09日
アメリカとメキシコの国境で”ボーダー”をテーマに行われた、Chim↑Pomの新しいプロジェクトについての展示です。 いくつかの映像から構成されていますが、その起点となる2015年の「KOYOTE」の中で、アメリカに入国できないエリィさんが言ってた”日本でもアメリカでも犯罪を犯したわけでもないのにどうして?!”みたいな言葉が印象的でした。国境のこんな理不尽なことがこれから特別なことじゃなくなるのかもしれない怖さを感じると同時に、でも、もし同じような立場の人が日本に入国しようとしていたらどうかと考えると複雑な気分で、”寛容”と”不安”の折り合いをつけることの難しさも感じました。 国境の問題は日本にいるとあまり感じることはありませんが、エリィさんのパフォーマンスを見ていると少し身近な問題として捉えられるような気がします。 また、現地で国境の壁を自宅の壁にしている家につくった「U.S.A Visitor Center」という作品は、2015年の「Non-Visitor Center」に続く”入れない場所”へのビジターセンターを作った作品で、ここからも”ボーダー”は決して国境だけにとどまらないことを想起させました。 一方で、重い問題を扱いながらも作品の中には子供の歓声や動物の声が入り混じり、作品はにテーマパークのようなユーモラスさもあり、決して重い気分だけで終わらない展示でした。 清澄白河では「MOTサテライト」も開催中なので、こちらも合わせてどうぞ。
S e9fd22eb 3280 4b35 8631 ddbfa40f47c1
山地咲希展 CACTUS

山地咲希展 CACTUS

橘画廊 [東京都]
2016年11月12日2016年11月26日
マティスとルオー展

マティスとルオー展

パナソニック 汐留ミュージアム [東京都]
2017年01月14日2017年03月26日
普通の展示会に比べると、二人の往復書簡とその時代の作品が順に順に展示されている点が興味深い。お互いを元気付け励ましているような内容や、病床のマティスを気遣うルオーの手紙など、じっくりと読んで作品を鑑賞すると違った感覚を受けます。マティス晩年の切り絵シリーズ「ジャズ」も色彩の鮮やかさがとても素敵でした。
黒壁グラスアートコレクション

黒壁グラスアートコレクション

黒壁三十號館 長浜アートセンター [滋賀県]
2017年01月05日2017年03月31日
先日、滋賀県への旅行で計画に組み込まれていた展覧会で、見てきました。 ちなみにガラスアートに興味を持ったのは、前に箱根の森ガラス美術館へ行った時に数々のガラス作品を目にし、その色使いや透明の輝きに魅了されたのです。 なので今回もどうしても見に行きたくて念願かなって良かった。 入園料も手頃で、中にはどうやってこんな立体的な物に仕上がるのだろう、作り上げたるのは一種の才能ですね。 個人的にはお皿とグラスの数々が綺麗で何時間でも見ていられそうなくらい、引き込まれるガラスアートでした。 もう一回見に行きたいが、私は神奈川県在住なのでちょっと厳しいかもしれない。
omnis「EVOLVING」展 イメージの解体 リアリティへの挑戦

omnis「EVOLVING」展 イメージの解体 リアリティへの挑戦

渋谷ヒカリエ 8/ CUBE 1, 2, 3 [東京都]
2017年02月16日2017年02月27日
2000万個の点で描かれた作品。 近くで見ると焦点が合わない。 手で描いたとは思えない。 見れてよかった。。
S 5e0db4a9 5f2b 4748 9302 c397a91f0fb5
菅俊一 / 指向性の原理

菅俊一 / 指向性の原理

SOBO [東京都]
2017年02月03日2017年02月18日
スーパー浮世絵「江戸の秘密」展

スーパー浮世絵「江戸の秘密」展

2017年01月28日2017年05月21日
「食神さま〜」と同じ会場で開催されていたので入ってみましたが、楽しめる展示でした。浮世絵そのものを観るというより、広重や国芳の浮世絵を通して、江戸の文化や風俗を知る、といった、ミニ博物館っぽい展示です。 浮世絵の世界を再現した舞台セットのような展示に、音声によるガイド、パネルやディスプレイによる説明と、なかなか情報量の多い展示です。動きをつけた浮世絵の世界の展示は好き嫌いが分かれるかもしれませんが、親しみやすい展示でした。トリビア的な解説も多く、楽しめる展示でした。 会場の中では、葛飾北斎に、歌川広重、国芳…と、多くの絵師たちの作品がコラージュされ、大画面に映し出されていて、とてもユニークな世界観を楽しむことができます。 ”アート”というよりも”歴史博物館”的な雰囲気が強かったですが、華やかな色や細かい柄などを、明るい画面で拡大して楽しめる!というのは、美術館で実物を見るのとはまた違った面白さがあると思いました。
S 70c40f17 5de3 4eca 8b93 389f52771d1e
見て食べる体験型デジタルアート「食神さまの不思議なレストラン」

見て食べる体験型デジタルアート「食神さまの不思議なレストラン」

1985年01月28日2006年05月21日
和食をテーマにした大規模なインスタレーション作品の展示と食事。 ほとんどの作品がインタラクティブな作品なので複数人でわいわい楽しめるタイプの展示できれいでした^^ 一番面白かったのが、複数枚のメッシュ状のスクリーンを使った「4WAYS」。立体感のあるスクリーンに近づくと、いろんな調理の音が聞こえてくる作品です。「蒸す」タイミングで近づくと、スクリーンに映った自分の像から湯気がでてきたり。近くで見るほど、映像が空中に浮いている感じが増すので面白かったです。 ほかにも、「土木展」にあった「ダイダラの砂箱」みたいに、巨大なお茶碗に入ったお米(本物!)に触ると、米粒でできた山に映し出された等高線がリアルタイムに変化したり、谷の部分にお米が流れ込むような映像になったりする作品も面白かったです。”棚田”で育てられるお米や、お米を育てるために必要な”水の流れ”なども想起させたり、発酵の工程みたいなものを発想してしまったりもする作品でした。 美しくて楽しい作品を楽しんだあとには、1人1つずつ「神様のおいなりさん」をいただくことができるのも嬉しかったです。期間限定で「菊乃井」や「ジョエル・ロブション」監修の料理も出たりするそうです。
S bbe53fb1 a66f 4c60 a1e5 2654fc449bbb