リの中心部に位置するポンピドゥー・ンター。その珠玉の近現代美術レクションから一年ごとに一作家一作品を厳選し、1906年から1977年のタンをたどる展覧会。マティスの油絵の到達点《大きな赤い室内》をはじめ、多彩なンナップでフラン20世紀美術を一望します。