現代アーティストヤノベケンジによる四国における初の大規模な個展を開催。 マジネーションあふれる作品の数々を世に放ってきたの創造の軌跡を、「シネマタズ=映画化」とい う視点で再編します。「シネマタズ」とは、がスーリー性とキャラクター性のある虚構的作品を様々な場所に設置すること で、空間や現実自体が映画のように変容する効果を意味しています。初期から最新プロジェクまでの実作の展示 に加え、資料展示やドキュメンタリー映像の上映を通して、作品によって「シネマタズ」された様々な空間 や現実の歴史を追います。
さらに、展示室全体を映画にするインスタレーションが行われ、実際の公開映画のための撮影も予定されて います。まさに、美術館自体が「シネマタズ」される画期的展覧会です!

展覧会及びの内容は諸事情により変更となる場合があります