世界遺産の発掘担当者や博物館学芸員など考古学に関心をもつあらゆる人々が4年に一度集まり、考古遺産に関わる様々なピックスについて広く交流し、議論を交わす「世界考古学会議」。このピックスの一つとして近年注目を集めるのが「と考古学」という異色の出会いです。いまや世界的潮流となったこのな動きから、どんな作品が生み出され、どんな新しい楽しみ方が提案されているのでしょうか。本展では、こうした世界の動きを踏まえつつ、京都を中心とした「と考古学」の取り組みをご紹介します。

[関連]
ォーム「物の声を聴く!: 出品者による展覧会の見方・楽しみ方の紹介」
時: 8月30(火)13:0017:00
講師: 松利夫、下部一司、伊達伸明、八木良太、小山真有、家成俊勝、安芸早穂子、村野正景
会場: 京都文化博物館別館ホール(定員120人)
参加費: 無料(ただし総合展示入場券<半券可>が必要) 申込み不要

体験教室「芸術家と考古学者と一緒にを作ろう!」
時: 8月31(水)10:3017:00
講師: 伊達伸明、松利夫、下部一司、八木良太、村野正景
会場: 京都文化博物館別館ホール
参加費: 無料(ただし総合展示入場券<半券可>が必要) 申込み不要

展覧会担当学芸員によるギャリーーク
時: 8月17(水)、9月7(水) 各14:00〜 展示室内にて約30
申込み: 不要。ただし当の入場者に限ります。

その他の、詳細は公式ホームページよりご確認下さい。