本展では、印象派を代表する米国人女性画家メアリー・カサット油彩画や版画などをはじめ、日本初登場となる名作「桟敷席にて」がボストン美術館から来日するほか、サッの代表作である「母子像」が多数出展されるなど、彼女が愛した日本の浮世絵屏風画など約110点を展示されます。