美術館は、ヴェネツィ美術ーが管理していた諸作品を礎として、1817年に開館しました。14世紀から18世紀にかけてのヴェネツィ絵画を中心に、約2000点を数える充実したレクションを有しています。本とタリの国交樹立150周年を契機として、このたび同館の所蔵品による本邦初の展覧会が実現する運びとなりました。テーマは、ルネサンス期のヴェネツィ絵画です。ルネサンス発祥の地であるィレンツェの画家たちが、明快なデッサンに基づき丁寧にを重ねる着彩、整然とした構図を身上としたのに対して、ヴェネツィ画家たちは、自由奔放な致による豊かな色彩表現、大胆かつ劇的な構図を持ち味とし、感情や感覚に直接訴えかける絵画表現の可能性を切り開いていきました。
本展では、選りすぐられた約60点の名画によって、15世紀から17世紀初頭に至るヴェネツィルネサンス絵画の展開を一望します。ジョヴァンニ・ッリーニからクリヴェッリ、ッチョ、ティツィーノ、ティントレット、ヴェロネーゼまで、名だたる巨匠たちの傑作が一挙来します。また、ヴェネツィ盛期ルネサンス最大の巨匠ティツィーノが晩年に手がけた祭壇画の大作、《受胎告知》(サン・サルヴァドール聖堂)が特別出品されることも、本展の大きな見どころとなるでしょう。ヴェネツィ絵画の歴史のなかでルネサンス期に焦点を絞った展覧会は、国内ではほとんど例がありません。この貴重な機会に、水の都ヴェネツィルネサンスを彩った名画の数々を、ぜひご堪能ください。