戸時代後期から明治期まで続いた「猫ブーム」の様子を、浮世絵や民俗資料等によって紹介します。歌川国芳等の浮世絵に描かれた戸の暮らしの中の猫たち、化け猫たち、人間のような猫たちや猫のような人間たち、さらには土人形で造られた招き猫たちの姿かたちを通して、本人がこんなにも猫好きなのはなぜなのか?その猫好き文化の歴史を考えます。