出光レクションの中国・朝鮮・日本の陶磁器のなかから選りすぐりの優品を展示します。
出光美術館の中国・朝鮮・日本の陶磁器レクションは三件を越え、その内容は世界的にも有名です。明・清時代の皇帝・宮廷用に作られた景徳鎮官窯(けいとくちんかんよう)の華やかながらも精緻なうつわ。高時代の「翡色(ひしょく)青磁」にみる朝鮮陶磁の端正さ。志野・織部、野々村仁清(ののむらにんせい)、尾形乾山(おがたけんざん)、古九谷、柿右衛門、さらには近代陶芸の巨匠・板谷波山(いたやはざん)の作品など、多彩な日本陶磁。陶磁器ァンでなくても一度はみておきたい選りすぐりの作品をズリと展観します。とくに展示室の最初では日中朝の優品が競演。陶磁器の造形性や華なる装飾に圧倒されるはずです!