ニメーションは実写の映画とは違い、登場人物やその背景、雨や風などの自然現象にいたるまで、あらゆる素材をすて一から描かなくてはなりません。分化が進んだ現在のニメーション制作において、スタッ全員がメージや世界観を共有し、作品に統一感を持たせ、同時に画面を決定する重要な役割を果たすものが、寸大の鉛筆で描かれた《レイアウト》です。
本展では「風の谷のナウシ」から「思い出のマーニー」まで、宮崎駿監督直レイアウトを中心に、高畑勲、宮崎駿監督がジブリ以前に手がけた「ルプスの少女ハジ」や「赤毛のン」等も加えた、全33ルのレイアウト画約1,300点を一挙に公開します。
一枚一枚のレイアウトには、そのカットで表現される“すて”が詰まっています。スタジオジブリの名作ニメーションは、いかにして生まれたのか。レイアウトを読み解きながら、その秘密に迫ります。