円山応挙の代表作の数々を展示し、「写生」を大切にしながらも、それを超えて応挙が目指したものを探ります。