そこは宇宙とともに、人類に残された最後のロンティ

このたび国立科学博物館(東京・上野)にて、特別展「深海2017~最深研究でせまる“生命”と“地球”~」を開催する運びとなりました。
2013年夏に同館で開催した特別展「深海」では、世紀のスクープ映像と言われた生きたダオウの映像とともに、全長約5メールのダオウの標本展示が話題を呼び、60万人もの方に来場していただきました。
あれから4年。本展では、「生物発光」や「巨大生物」、「超深海」などに焦点をあて、最新映像や実物とともに紹介するほか、東北地方平洋沖地震の実態にせまる「深海と巨大災害」、「深海と資源」などを、映像やCGなどを駆使して紹介します。またダオウを撮影した取材班が再び結集し、新たな深海シリーズNHKスペシャル「ディープ オーシャン」も放映します。より「深く」、新たな感動をお届けします。