本展は、京都造形芸術大学・空間演出デザイン学科 KIWIゼミの学生とアーティスト森下茅によるコラボレーション展です。ひとつひとつの商品のプランニング、制作、パッケージング、ディスプレイ、そして販売までのフローを学生主体でおこなっています。今年のテーマは「PLAY SMALL」若き大生がアイデアを練って制作した小さなアクセサリーや雑貨が所狭しと並びます。