ここには遺構ともいえる跡だけが取り残されています。

名もなく見知らぬその場所には断片的な情報だけが映し出され、

それらは特定されることを拒むように孤独を好みますが、

残像かはたまた亡霊か、何者かの気配がそこには存在しています。