会場: 203: 京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab 東京ギャリー

京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab (D-lab) は、この1年間に12国20校におよぶ海外の大学・機関などと、共同研究として40個以上のプロジェクを実施しました。各大学で教鞭を執りながら世界の第一線で活躍するデナー・建築家・研究者を京都に招いて実施したプロジェクのテーマは、本とヨーロッをめぐる中世建築の問題を探求するものから、未来を共に生きるロボッの姿を形にするものまで古今東西の多岐に渡ります。
プロジェクや講演の場を通じて招聘教員と京都工芸繊維大学の教員・学生の間で積み重ねられた対話が生んだ多くの成果をまとめた最初のーブックとともに、D-Labのはじまりの1年を紹介します。