本のマンガ、ニメ、ゲーム世界に類を見ない多様な表現をメディアの壁を超えて押し広げつつ、時には世相の変化や進化するテクノロジーを作品世界に映し出し、また時には拡張された現実や未来世界を私たちに提示します。そして、キャラクターたちは作品世界を飛び出し、私たちの常に自在に入り込む存在となっています。手塚治虫が亡くなった1989年以降、私たちは幾度かの震災やテロ事件を経験し、他方で、ンターネッやスマーォンの普及をはじめとするテクノロジーの進化を享受してきました。このような社会潮流の中で、私たちの意識やスタルはめまぐるしく変化してきました。同時代のマンガ、ニメ、ゲームに触れることは、その時々の本の社会の重層的な側面を見ることと言ってもよいでしょう。本展覧会は、1989年から現在までの25年間に焦点をあて、複合的メディア表現として深化している本のマンガ、ニメ、ゲームを総合的に展望し、私達の想像力と創造力を再発見する機会となることを目指します。