時間の流れを意識した作品で、世界を代表する写真家・現代美術家として評価される杉本博司。開館20周年を記念して開かれる本展は二部構成となっており、第一部「今昔三部作」では、杉本の代表的な写真シリーズ「ジオマ」「劇場」「海景」の最古作から本初公開の最新作までを大判プリンで展示。第二部「趣味と芸術」では、杉本自身がレクションしている古美術品を中心に作られた床飾りを展示します。杉本作品と核なる写真、そして新たな活動を展開する杉本像を追います。

[関連]
開館20周年記念講演会「 時候を測る−之浦測候所建設計画近況報告」(事前申込制)
神奈川県小田にて、2017年のオープンに向け準備がすすめられている「小田文化財団 の浦測候所」。文化芸術の発信地として設立されるこの異色の施設について、設立者である杉本博司自ら解説する。
講師: 杉本博司
時: 1031(土)14:00より(13:30開場予定)
場所: 11階講堂
聴講無料、定員150

対談 杉本博司×宗屋「趣味と芸術」(事前申込制)
杉本博司と武者小路15代家元後嗣が、本展覧会のテーマである「趣味と芸術」について語り合う。
出演: 杉本博司宗屋
進行: 合正朝(当館館長)
時: 11月7(土)14:00より(13:30開場予定)
場所: 11階講堂
聴講無料、定員150

ワークショップ「サノタプ体験 ものの影を撮る」(事前申込制)
感光を手作りして、グラムの技法でものの影を写し撮ります。
講師: 倉谷拓 朴(写真家)
時: 11月29()10:00より
場所: 11階展示室
参加無料、定員20
参加費: 500
対象: 小学4年生以上

映画上映会「SUGIMOTO」
2008年から5年間、杉本博司の活動を追いかけた記録映画。ンタビューを軸に、渡米から今に至る経緯や、制作へのこだわりを紹介。またアメ自然史博物館で撮影する杉本に同行し、現像、プリンの一連の工程を初めて動画に収録。
監督: 岸本康(2013年作品、66分)
時: 11月22()14:00より(13:30開場予定)
場所: 11階講堂にて
観覧無料、先着150名(当12:00より11階にて整理券配布)

市民美術講座「杉本博司と古美術
講師: 合正朝(当館館長)
時: 12月5(土)14:00より(13:30開場)
場所: 11階講堂
聴講無料、先着150

「ジオマ、劇場、海景−杉本博司の初期三部作」
講師: 水沼和(当館学芸員)
時: 12月19(土)14:00より(13:30開場)
場所: 11階講堂
聴講無料、先着150

関連は公式HPをチェックしてください。