わたしたちが思いもよらないをかたちにしてみせるアーティストは,いったいどんなことを考えて作品を作っているのでしょうか.それは,わたしたちの身近な出来事や,ふだんのものの見方や考え方を少しだけ変えることだけでも,わかるようになるかもしれません.

驚くような作品,不思議な作品,楽しい作品,びたくなる作品,わからない作品,いまいちどそれらが何を伝えようとしているのかをよく考えてみることで,アーティストの発想やが,どのように作品としてかたちをもつのかにも想像力を働かせてみましょう.また,よりわたしたちの身近になった現代のテクノロジーが実現する作品から,なにが想像できるかを考え,やテクノロジーへの理解を深めることが新たな創造につながっていくことを期待しています.