20世紀タリを代表する画家ジョルジョ・モランディ18901964)。本展は、本では17年ぶりとなる本格的な個展です。卓上の壜や容器、花瓶などの常的モチーや身近な風景を繰り返し描き、構図の研究を通して自己の芸術を追求したモンディの絵画は、20世紀の西洋美術史において特異な位置を占めています。色彩と形態とが繊細に響きあう静かで瞑想的なモンディの絵画世界は、今も多くの人を惹きつけてやみません。タリ本の美術館、個人レクションなどから約100点の油彩水彩版画素描作品を展示しています。

[関連]
記念講演会「小説家がモンディを見つけたら - 物語を誘発する - 」
時: 12月13()14:00~(約90分)
講師: マハ(小説家)
場所: ュージムホール(定員250名)
料金: 無料(観覧券・整理券要)

「モンディは何を描きたかったのか」
時: 110()14:00~(約90分)
講師: 岡田温司(京都大学大学人間・環境学研究科 教授)
場所: ュージムホール(定員250名)
料金: 無料(観覧券・整理券要)

「学芸員による解説会」
時: 12月19(土)、116(土)、2月6(土)16:00~(約60分)
場所: レクチャールーム(定員100名)
料金: 聴講無料

「記念ンサー
時: 12月11(金)15:00~(約60分)
出演: ィレンツェ・ピノ・デュオ(サ・バルルッチとロドルォ・レッサンドリーニ)
場所: アトリエ
料金: 無料(観覧券要)

「こどもの
時: 1月9(土)10:3012:30
参加費: 300円(定員20名)
対象: 小・中学生とその保護者
高校生以上は別途観覧料が必要
要事前申込

ュージム・ボンティによる解説会」
時: 会期中の毎週11:00~(約15分)
場所: レクチャールーム(定員100名)
料金: 聴講無料

詳細は公式ホームページよりご確認下さい。