ゥオンブリーは20世紀を代表するアーティストの一人です。絵画彫刻の両方で旺盛な制作活動を展開しましたが、とりわけ、《描画された詩》とでも形容すき独特の絵画作品は他の追随を許しません。この展覧会は、2011年に死去した作家が生前自ら作品の選定に関わり、サンクペテルブルクのタージュ美術館、欧米の主要な美術館で開催され評判を呼んだ個展を、当館の空間に合わせて再構成したものです。ゥオンブリーの即興性、速度、激情、直感が、いきいきと横溢するの作品(ドローング、モノタプ)約70点が一堂に会し、その50年にわたる孤高の画を紹介する画期的な機会となります。別館ハュージアーク(群馬県渋川市)でも出品作品の一部を展示いたします。

[関連]
開催記念キュレーターーク
「サ ゥオンブリー:の作品、50 年の軌跡」
時: 5月23(土) 14:00-16:00
出演: ジュリー・シルヴェスター(サ ゥオンブリー財団)、聞き手:安田篤生(美術館
場所: 美術館・ホール
料金: 一般 1000 円(別途要入館料)、
予約制
本語英語逐次通訳付き

レクチャー&ビデオ上映 「ビデオと絵画:スクリーンはキャンバスになりえるのか?」
時: 6月20(土)14:0016:00
講師: スティーブン・サ

講演会「建畠晢氏 サ ゥオンブリーを語る」
時: 7月11(土)14:0016:00
講師: 建畠晢(多摩美術大学学長、埼玉県立近代美術館館長、詩人)

お申し込み方法・詳細は公式ホームページからご確認ください。