この展覧会は、現代本を代表するアーティスト村上隆(むらかみたかし)(1962年生まれ)の現代美術を中心とするレクションを初めて大規模に紹介するものです。 村上隆は、東京藝術大学にて日本画初の博士号を取得。現代美術本の伝統絵画、ハルチャーとポップルチャー、東洋と西洋を交差させた極めて完成度の高い一連の作品で世界的に評価され、海外の著名な美術館で数々の個展を開催してきました。 アーティストとしての精力的な創作の一方で、村上隆はキュレーター、ギャリス、プロデューサーなど多岐にわたる活動も展開しています。特に、近年、独自の眼と美意識で国内外の様々な美術品を積極的に蒐集し続けており、その知られレクションは、現代美術を中心に本をはじめとするの骨董やヨーロッンティーク、現代陶芸や民俗資料にまで及んでいます。村上隆にとって「スーパーフラット」とは、平面性や装飾性といった造形的な意味のみに限定されるのではなく、時代やジャンル、既存のヒルキーから解放された個々の作品の並列性、枠組みを超えた活動そのものを示しており、「芸術とは何か?」という大命題に様々な角度から挑み続ける作家の活動全体(人生)を包括的に表す広範かつ動的な概念と捉えられるでしょう。圧倒的な物量と多様さを誇るこれら作品群を通して、村上隆美意識の源泉、さらには芸術と欲望、現代社会における価値成立のメニズムについて考えるとともに、既存の美術の文脈に問いを投げ掛ける、またとない機会となるでしょう。