タリルネサンス期を代表する巨匠の一人、サンドロ・ボッティチェリ(1444/451510)の本で初めての本格的な回顧展を開催します。レオナルド・ダ・ヴィンチロに並ぶ画家と称されるボッティチェリ。しかし、その作品の多くが板に描かれ、非常に繊細で、これまでなかなかまとまった数の作品の来は叶いませんでした。伊国交樹立150周年を記念する企画としてタリ政府の全面的な協力のもと実現する本展は、ィレンツェを中心に世界各地から貴重なボッティチェリの作品を20点以上も集めることに成功した、待望の大回顧展です。さらにボッティチェリの師フィリッポ・リッピと、弟子でありバルでもあったフィリッピーノ・リッピの作品なども交えた約80点で、優なるルネサンスの春を文字通り体現した巨匠ボッティチェリの初期から晩年までの画をたどります。