本展覧会では、60点の作品を通して、オンダ黄金時代と当時活躍した画家たちを紹介します。ェルメール、レンブと並び、フランス・ハルスヤン・ステーンピーテル・デ・ホーホ(京都、東京会場のみの出品)など、黄金時代を彩った巨匠たちの作品によって、当時の文化と人々の生活が私たちの目の前によみがえります。ニューヨーク・メトロポリタン美術館、ロンドン・ナショナル・ギャリー、アムステルダム国立美術館を中心に個人蔵の作品も加え60点を一堂に展示します。中でもメトロポリタン美術館傑作ェルメールの《水差しを持つ女》とレンブの《ローナ》は本初公開作品となります。