岡山県倉敷市の大実家であり、社会貢献や福祉の分野にも多大な足跡を残した大孫三郎(1880-1943年)は、西洋美術を紹介する本初の本格的な美術館を、1930年に倉敷に創設しました。その優れたレクションに世界が瞠目した、大美術館の誕生です。開館の礎となったのは、同じく岡山県出身の画家である児島虎次郎(1881-1929年)が、孫三郎の支援と理解を得てヨーロッで収集した美術品の数々でした。その後も大美術館は、孫三郎の思想を引き継いでレクションを拡充し、本を代表する美術館として多くの美術愛好家の心を捉え続けてきました。
美術館レクションは、西洋近代美術のほかにも、本近代洋画、民芸運動ゆかりの作家たちの作品、ジプやオリ、東洋の古代美術、そして戦後美術から、いま第一線で活躍している現代美術家の作品まで、きわめて多岐にわたります。本展覧会には、そのすての部門から選ばれた数々の逸品が一堂に会します。そして、約1世紀にわたって時代とともに歩んできた大美術館の活動を、珠玉の名品とともに紹介します。

[関連]
講演会
「大美術館レクションをめぐる理想と活動」
講師: 高階秀爾氏(大美術館館長)
時: 130(土)14:0015:3013:30開場)

アーティスト、観客との協働—21世紀の大美術館
講師: 柳沢秀行氏(大美術館学芸課長)
時: 2月13(土)14:0015:3013:30開場)

美術館のでき方、生き方、働き方—文化は万能ではないが無力でもない」
講師: 大原謙一郎氏(大美術館理事長)
時: 2月27(土)14:0015:3013:30開場)

会場: いずれも3階講堂 
定員: 260名(先着順)
参加費: 無料 本展の観覧券(半券可)の提示が必要です。