本とタリの国交樹立150周年を記念し、タリが生んだ天才レオナルド・ダ・ヴィンチ1452-1519)の展覧会を開催します。本展はタリ政府が都内の公立博物館1館のみでの開催が希望され実現した展覧会です。
 今回の展覧会では、自然観察を通じて真理に近づこうとしたレオナルドの挑戦を、本初公開の絵画糸巻きの聖母》(バクルー・リビング・ヘリテージ・トラ)と直ノー「鳥の飛翔に関する手稿」(リノ王立図書館)を中心に紹介します。
  《糸巻きの聖母》は、ギリスの貴族バクルー公爵家が所蔵し、レオナルドの故郷タリ、作品のあるギリス以外の場所では初めて出品されることになりました。2009年にようやく、スコットランド・ナショナル・ギャリーで一般公開されることになった至宝です。
 また、レオナルドの手稿の中でも人気の高い「鳥の飛翔に関する手稿」も、本初公開となります。本展の図録で、本側の監修者である斎藤泰弘氏(京都大学名誉教授)による待望の新訳も発表されます。
 2点とも、本展のテーマである「見えない世界を探る(beyond the visible)」ために、レオナルドが行った人間観察・自然研究が集約された円熟期の傑作です。このほか、花や子どもを観察した本初公開の真素描7点(うち1点は弟子との共作)、レオナルド派による本初公開の珠玉の絵画、神話化・伝説化されたレオナルドの生涯を表した版画など約70点と、素描から忠実に再現した関連模型を通じ、天才の挑戦を体系的に展観します。
 また、レオナルド・ダ・ヴィンチは都市計画にも深い見識があり、「都市史」を研究テーマとする戸東京博物館において紹介するにふさわしい展覧会です。