悳俊彦(いさお・としひこ)は風土会に所属し一貫して武蔵野の自然を描く洋画家です。また歌川国芳月岡芳年など幕末・明治期の浮世絵に早くから着目しレクションしてきた蒐集家・研究者として、国内はもちろん、海外でも高い評価を受けています。本展では、初公開の作品を多数含む、幕末・明治期の浮世絵レクションを紹介し、武蔵野を描く悳氏の油彩画も併せて展覧します。