20世紀最高の画家の一人、ジョルジョ・モランディ(18901964)。世界中の絵画ァンが熱烈に愛するこの画家の、日本では3度目、17年ぶりとなる待望の本格的な個展を開催します。若い頃から高い評価を受けながらも、人生のほとんどの時間を生まれ故郷のボローニャの自宅兼アトリエで過ごしたモンディは、静物画という主題に専心したことで知られます。淡い色彩でまとめられた慎ましい画面に動きのある要素は登場せず、誇張もなく、一見して簡素そのもの。にもかかわらずモンディが「20世紀最高の画家」の称号を与えられているのは、描かれた事物が画面の中に織り成す複雑な空間をトロールする、その巧みな手腕のゆえに他なりません。一点一点の作品において、色と形が緊密に対話し合い、スリリングなほどの均衡を保っています。絵画というもののあらゆる魅力を凝縮したといっていい画面は圧倒的な説得力を持ち、私たちの目をつかんで離すことがありません。
本展は、「終わりなき変奏」のサブタイルの通り、モンディに特徴的な手法である「ヴァリーション=変奏」に焦点を当てます。モンディの作品には、しばしば同一の瓶や箱、壺、水差しなどが登場します。いったん完成した組合せを崩し、要素を入れ替えて別の完成形を見出すことは、思えば困難な方法でもありますが、モンディは嬉々として果てしない組み替えの作に徹し、色調や構図を変化させつつ無数の傑作を生みだしました。モンディにとって卓上の瓶や容器は、作品のモティーであるとともに、絵画の潜在力を試す恰好の相手でもあったのです。今回はボローニャのモンディ美術館の全面的な学術協力のもと、イタリ各地および国内から集まった油彩画約50点、水彩素描版画50 点が彩る贅沢な空間が実現します。

[関連イベン]
ワークショップ「モンディのわざを解剖する」
画家と一緒に、模型などを使ってモンディの作品の作り方を分析してみよう。
日時: 4月4日(月)14:00~ (約2時間) 13:50トランス集合
講師: 宮嶋葉一(画家)、末永史尚(美術家)、横山奈(画家)
場所: 企画展示室
料金: 参加無料
定員: 20名(小学校4年生以上)

関連イベンのお申し込み・詳細は公式ホームページをご確認ください。