・スーリー」や「ディング・ニモ」、「サイド・ヘッド」そして最新作「ーロと少年」など、数々の人気作品を世界に送り出すピクサー・ニメーション・スタジオ。1986年、アメォルニで、ジョン・ラセタード・キャッマル、スティーブ・ジョブズらが奇跡のような運命で共に集い、ピクサーは設立されました。2016年はスタジオ設立30周年の節目となります。
ピクサー作品は、本やアメだけでなく世界中で上映され、多くのァンに愛され続けていますが、それはンピュータニメーションという優れた技術だけによるものではなく、独創的なスーリーや魅力的なキャラクターなどの存在があるからです。驚くきことに、ピクサーには技術スタッと同じくらい多くのアーティストやデナーたちが在籍しており、彼らはスーリーや映画のビジュルなどを考える企画の構想段階で、手描きのドローングやパステル画、デジタルペンティング、彫刻などを数々生みだし、ピクサー作品の創造性を支えています。本展は、そうした創作活動にスポットラをあて、ピクサーに所属するアーティストたちが映画制作の過程で創り出した多種多様なワークの全貌を紹介するものです。2005年ニューヨーク近代美術館でスターし、世界各国で好評を博した世界巡回展が、2016年、スタジオ設立30周年を記念した作品群を加え、構成を新たにして本に上陸します。