東北芸術工科大学では、芸術学部美術科(日本画・洋画・版画彫刻工芸・テキスタル・総合美術)の4年生、大学2年生による「卒/修了研究・制作展 東京展」を開催いたします。また芸術学部美術科の卒生、大学修了生による作品展「TUADスプリングin Tokyo 2016」も同時開催しています。ぜひこの機会にあわせてご覧ください。

東京展によせて

東北の地で芸術を学ぶ事の強み。それを我々は今、自信を持って発信したいと考えています。この地だからこそ感じ創り得たもの、本学だからこそ育ち得た学生達。そして震災後の不安と再生の中で、芸術という希望を学んだという事実。大いなる自然に抱かれながら、4年間(修士は6年間)各人が真摯に作品に向き合い格闘した姿を是非ともご高覧頂きたくご案内申し上げます。

芸術学部長 木正徳

東北芸術工科大学「卒/修了研究・制作展東京展」
会期:2016年2月23(火)~28
時間:9:3017:30 来場は17:00まで
入場:無料
休館:会期中無休
会場:東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36)
会場TEL:03-3823-6921

主催:東北芸術工科大学

プロダクトデザイン学科の卒制作作品「書き時計」(正式作品名:Plock[゚ロック])も特別展示を行います。
詳しくは下記リンク先よりご確認ください。
http://www.tuad.ac.jp/2016/02/55881/