ライゾマティクス創立10 周年記念展  「Rhizomatiks 10」

ライゾマティクス創立10 周年記念展 「Rhizomatiks 10」

スパイラル [東京都]
2017年04月19日2017年04月30日
スパイラルの長い廊下に、創立から10年の間に制作された膨大な数の作品の映像が展示されていたり、YCAMで行われた「border」のインスタレーションバージョンがHMDで体験できました!10年の間に作品が進化していく様子を見られるのも面白かったし、アートから演出、広告まで、多様な作品を改めて知ることができました。 面白かったのが、これまでのトライアル&エラーをまとめた映像集の「Rhizomatiks Trials and errors」。わくわくするような”Trials”から、「これ会社でやらかしたらめっちゃ怒られる!」みたいな”errors”まで、独創的なアイディアが生み出される過程の一部が見られたようで、なんだか嬉しかったです。
S 0823ab3e 9169 469f 945c 806f2288eef2
WOW Showcase -生活不必需品の必要性-

WOW Showcase -生活不必需品の必要性-

Eye of Gyre [東京都]
2017年04月14日2017年06月27日
WOWがカバンやスツール、食器などの”モノ”も手がけていたのは初めて知りました。製品自体のデザインも、その特徴を映像で見せる方法もかっこいい展示でした。 特に印象に残ったのが新作の「LUX -ルクス-」というプロダクト。液晶ディスプレイのバックライトを”電球”に変え、パネルを立体的に組み上げることによって”ディスプレイ”を”照明”に変えてしまう発想に驚き!さらにそれを白い壁の部屋に置くことによって”インスタレーション”にまでなっているのがとにかくクールでした!
S 26974f5b bfd8 43f8 bf12 f6d24912af1e
ライゾマティクス創立10 周年記念展  「Rhizomatiks 10」

ライゾマティクス創立10 周年記念展 「Rhizomatiks 10」

「Plastic All Over The World International Poster Project in Kyoto Japan」

「Plastic All Over The World International Poster Project in Kyoto Japan」

アートスポット・コウリン [京都府]
2017年05月02日2017年05月14日
「TIME STAMP」展

「TIME STAMP」展

アートスポット・コウリン [京都府]
2017年05月16日2017年05月28日
篠田桃紅 昔日の彼方に

篠田桃紅 昔日の彼方に

菊池寛実記念 智美術館 [東京都]
2017年03月29日2017年05月28日
初めて智美術館に行ってきました。 高層ビルが立ち並ぶ六本木エリアに、おしゃれな平屋のレストランのような建物が入り口で、ここは美術館かなのかと良い意味で驚かされ、非日常感を味わえました。 篠田桃紅さんは104歳で現役で未だ達筆というのもびっくりですが、作品は、「高齢の画家」でなく「一画家」として素晴らしい。 字なのに、草木が生い茂る風景画を見ているようでした。 こう自由に字が書けたら楽しいだろうなあ。
S 9079b305 6183 4f26 a65b a3a331a64040
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝 ― ボスを超えて ―

ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝 ― ボスを超えて ―

東京都美術館 [東京都]
2017年04月18日2017年07月02日
初日の午後2時ごろ行ったところ、並ぶこと無く入場できたうえに、それほど混雑しておらず、メインの『バベルの塔』もゆっくりと鑑賞できました。 混雑が予想される注目の展覧会でしたが、穴場の時間があるのかもしれません。 個人的には、入ってすぐ目に飛び込んでくる彫刻作品群が非常に興味深かったです。 精緻で写実的で、一体一体個性も感じられるような完成度に思わず見入ってしまいました。 キモカワイイ(?)マスコットキャラクターの「タラ夫」も随所で見かけました。 このタラ夫が会場のどこに潜んでいるかを探すのも一興だと思います。 版画などはかなり細かいので、照明を落とした会場では少々見づらかったです。じっくりと鑑賞したい方は、目が疲れるのを覚悟して行った方が良いかもしれません。
六本木開館10周年記念展 絵巻マニア列伝

六本木開館10周年記念展 絵巻マニア列伝

サントリー美術館 [東京都]
メインの写真にもなっている国宝の『玄奘三蔵絵巻』を目当てに行ってきました! 以前にもサントリー美術館では『玄奘三蔵絵巻』の展示を行っていましたが、少なくとも東京でこの絵巻を鑑賞できるのはここくらいしかないのではないでしょうか? HPを見ますと、展示期間に「4月24日まで」とあり焦って観に行きましたが、よくよく問い合わせたところ、巻4の展示が24日までで、日をまたいで26日からは巻8を展示するそうです。 大学卒論のテーマが玄奘だった自分としては、両方鑑賞したい!という事で、また近々観に行く予定です(笑) 絵巻を主題とした展覧会自体珍しいと思いますので、内容的にもかなり楽しめました。 絵本や物語、もっと言ってしまえば、マンガを読むような感覚で、鑑賞し浸ることが出来ます。 歴史上にたくさんの「マニア」がいるのも分かります。 「らぶ、えまき!」な方だけでなく、老若男女問わず楽しめる展覧会だと思います。
仲條正義 「IN&OUT, あるいは飲&嘔吐」

仲條正義 「IN&OUT, あるいは飲&嘔吐」

京都dddギャラリー [京都府]
2017年05月09日2017年06月24日
「こころのアート展」

「こころのアート展」

デザイン・クリエイティブセンター神戸 KIITO [兵庫県]
2017年04月26日2017年05月03日
「ヨコオ・ワールド・ツアー」

「ヨコオ・ワールド・ツアー」

横尾忠則現代美術館 [兵庫県]
2017年04月15日2017年08月20日
第5回子ども・プロセス企画展 国際理解を深めよう—争いをなくし明るい未来を築くために—

第5回子ども・プロセス企画展 国際理解を深めよう—争いをなくし明るい未来を築くために—

沖縄県立平和祈念資料館 [沖縄県]
2017年03月16日2017年05月15日
琉球国王の衣裳/王国の漆工芸技術~伊江家・神山家の漆器~

琉球国王の衣裳/王国の漆工芸技術~伊江家・神山家の漆器~

那覇市歴史博物館 [沖縄県]
2017年04月28日2017年05月24日
国宝「玉冠」特別公開

国宝「玉冠」特別公開

那覇市歴史博物館 [沖縄県]
2017年04月28日2017年05月10日
ロイヤルカラーの黄色地衣裳/王国の漆工芸技術~朱色と金色の漆器~

ロイヤルカラーの黄色地衣裳/王国の漆工芸技術~朱色と金色の漆器~

那覇市歴史博物館 [沖縄県]
2017年03月31日2017年04月25日
沖縄美術の流れ(美術館)

沖縄美術の流れ(美術館)

沖縄県立博物館・美術館 [沖縄県]
2017年04月25日2017年10月15日
ニューコレクションシリーズ3 安次富長昭 光・風・土への憧景(美術館)

ニューコレクションシリーズ3 安次富長昭 光・風・土への憧景(美術館)

沖縄県立博物館・美術館 [沖縄県]
2017年04月25日2017年10月15日
色が語る いにしえの技と心

色が語る いにしえの技と心

西都原考古博物館 [宮崎県]
2017年04月22日2017年06月18日

ビーコロ2017

佐賀県立宇宙科学館 [佐賀県]
2017年03月18日2017年05月07日
不可思議の体験展—藤木淳 個展

不可思議の体験展—藤木淳 個展

みやざきアートセンター [宮崎県]
2017年05月13日2017年06月04日
開館40周年記念 肥後・熊本画壇の分かれ道 —近世から近代へ—

開館40周年記念 肥後・熊本画壇の分かれ道 —近世から近代へ—

島田美術館 [熊本県]
2017年04月01日2017年06月19日
特集展示 刀を見る、伝来を知る—柳川藩主立花家の刀剣—

特集展示 刀を見る、伝来を知る—柳川藩主立花家の刀剣—

立花家史料館 [福岡県]
2017年04月07日2017年07月10日

世界一変な絵画展 ~光と音のアールグラージュ~

ハウステンボス美術館・博物館 [長崎県]
2017年03月18日2017年05月08日
所蔵品展 歴史にすわる part6 —素材で感じるイスの世界—

所蔵品展 歴史にすわる part6 —素材で感じるイスの世界—

九州産業大学美術館 [福岡県]
2017年04月02日2017年05月28日
ホントはすごい!どうぶつ展 ~飛ぶ!走る!泳ぐ!~

ホントはすごい!どうぶつ展 ~飛ぶ!走る!泳ぐ!~

北九州市立いのちのたび博物館 [福岡県]
2017年03月18日2017年05月14日
神奈川県に住んでいるのですが、友人が福岡に住んでいるので旅行がてら遊びに行った際に、私自身動物は大好きなので見に行きました。 飛ぶ、走る、泳ぐそれぞれの動物たちの等身大の模型、かと思いきや剥製もありとてもリアルでした。 世界最速のチーターはどれくらいの速度なのか、ペンギンって陸を歩いているけど水の中では飛ぶよう、などなど普段触れる事のない動物たちの生態を間近で感じられて、人間と同じ生き物だけど役割や目的など全く違うと勉強させられた。 併設で大どじょう展もやっていて、水槽がずらりと並ぶ所を見ると、どじょうって案外可愛いと思いましたね。 表情がある感じです。 小さい子供も興味を持ち水槽の中を凝視していたりと、親子連れでも楽しめる場所だと思います。