「黒田清輝」 展 —日本近代絵画の巨匠

「黒田清輝」 展 —日本近代絵画の巨匠

東京国立博物館 [東京都]
2016年03月23日2016年05月15日
黒田清輝展に行ってきました。年輩の方が多く、しっとりとみる事ができました。平日に行ったので、一つ一つの絵画を鑑賞できました。 黒田清輝については明治期の、日本の西洋美術を牽引した人、としての知識がなかったので、晩年、政治家(華族)をしながら絵画活動をしていたことには驚きました。 絵は、女の子を描くのが上手い。「舞妓」という絵のだらり帯の女の子がとっても可愛いです。この子が夜に酔っぱらいの前で踊るなんて考えられないくらい、明るい景色の中で柔らかく笑っています。 「あっ、教科書で見たことのある絵だ!」と本物を見れたのもうれしかったです。
歌川国貞 - 和の暮らし、和の着こなし。

歌川国貞 - 和の暮らし、和の着こなし。

太田記念美術館 [東京都]
2016年04月01日2016年04月24日
会期終了した後でのコメントで恐縮です。先週末に駆け込みで行ってきました。 今話題の渋谷・Bunkamuraの「俺たちの国芳 わたしたちの国貞」のタイアップ企画のような(?)展覧会でしたが、 江戸の風俗を、現代の私たちの娯楽と引き合わせて紹介していた、好奇心掻き立てられる良展示でした。 今まで、江戸の浮世絵といえば、北斎、広重、最近ブームの国芳…が真っ先に思い浮かんでいましたが、 国貞(三代豊国)は、制作枚数からいえば最大級、そのベースとなる作品は江戸の暮らしぶりを描いたもの。 歌川派最盛時代を誇ったその実相は、江戸の暮らしに寄り添い、日常と、ちょっとした憧れや時めきを描写することで、 多くの層に受容された・・・ということなのかもしれません。 今回は、江戸の女性のさまざまに意匠を凝らした衣装の柄、流行りの白粉、舌ケアから、季節の演出、アウトドア、饗宴に至るまで、ファッション・メイクから暮らしと歳時記にかかわる画を展示されていました。 ・・・庶民的には、ワンランク上の生活っぽく見えましたが、笑。 個人的に、酒飲みとしては、当時の饗宴の様子が気になりました。 日本酒のお猪口を、水を張った陶製の器に浮かべている描写が何枚か見受けられたんですが、あれは、お猪口を水で冷やしたりお湯で温めたりしている という理解でいいですか?なんだか風情があってお酒が進むように見えるのですが。現代ではやらない飲み方ですよね・・・?
頴川美術館の名品

頴川美術館の名品

渋谷区立松濤美術館 [東京都]
2016年04月05日2016年05月15日
東京の街をお散歩しながら名建築を解説付きで見て回る「みんなの大東京建築ツアー」に参加してきました。今回は渋谷駅周辺。メインが松濤美術館でした。白井晟一作品は曲線が多様されていて、この小規模な建築にはコッテリしすぎてまったく好みではありませんでした。 展覧会目当てで行ったのではないのですが、「浪花百景」という小さな浮世絵が可愛らしくて大変気に入りました。
生誕290年記念 勝川春章 -北斎誕生の系譜

生誕290年記念 勝川春章 -北斎誕生の系譜

太田記念美術館 [東京都]
2016年02月02日2016年03月27日
なぜあと10年待てなかったのかしら、笑 といいたくなる春章展です。 個人的には浮世絵好きなほうで、風景画とか美人画はイイネ!って思うのですが、役者絵は未だに難しいです。 画題になる歌舞伎演目や人気役者がわからないと楽しみづらい…というか。。。 人気役者の顔の特徴が掴めて、この絵とこの絵が同じ役者さんだ!とわかるとすごい面白いのですが。。。 今回の展示はそのあたり配慮されてて、詳細にキャプションが付いていたのですが、それでもやっぱりキツイなー、、、っと思ってしまいました。もっとちゃんと勉強したい、、、 珍しく地下にも展示が展開されてました。出品作数もかなり多く、弟子・北斎の絵も展示があり、見ごたえありました。 出光美術館と連携プログラムがあり、半券で割引&図録もお揃いらしいですよ。 出光にも行ってみたい~!
「没後100年 宮川香山」展

「没後100年 宮川香山」展

サントリー美術館 [東京都]
2016年02月24日2016年04月17日
「没後100年記念 宮川香山展」に行ってきました。 猫好きとしてはあのポスターに惹かれてしまっただけで、恥ずかしながら宮川香山は存じていませんでした。横浜で活躍してた方なのですね。横浜市民としてはこれは見なければと思いました。 初めて見る陶器の数々。高浮彫といわれるそうですが、リアルな鳥や植物がコッテリと盛られた陶器たち。思わず「わー、凄い!」と顔を近づけてしまい、ガラスに頭をぶつけました。。 日本でこんなデコラティブな作品を作る芸術家がいたとは驚きです。ヨーロッパのロココの時代みたい。 作品数も多く見終わった後はお腹いっぱいといった感じです。ポスターの猫さんの印象はずいぶん薄くなってしまいましたが、見ごたえたっぷりで満足いたしました。
辻徹 「刻」

辻徹 「刻」

うつわ京都やまほん [京都府]
2016年03月19日2016年04月10日
白黒にすると菊を通り越して宇宙観のある物体になりますね。面白い!
浜田浄 「0の祈り」

浜田浄 「0の祈り」

加島美術 [東京都]
2016年03月05日2016年03月20日
祈ると安らぎが沸いてくるものだと思っていましたが、 浜田氏の作品を見ていると、胸元がぞわぞわしてきます。 祈りにも色んな種類の祈りがあるのですね。
出張日本平動物園 うきよえどうぶつ 同時開催:絵で解くなぞなぞ 判じ絵の世界

出張日本平動物園 うきよえどうぶつ 同時開催:絵で解くなぞなぞ 判じ絵の世界

静岡市東海道広重美術館 [静岡県]
2018年06月05日2018年08月12日
LADY GO ! AIKO×江戸ガールズコレクション

LADY GO ! AIKO×江戸ガールズコレクション

静岡市東海道広重美術館 [静岡県]
2018年04月03日2018年06月03日
徳川記念世界囲碁まつりイン静岡 関連事業 浮世絵と囲碁

徳川記念世界囲碁まつりイン静岡 関連事業 浮世絵と囲碁

静岡市東海道広重美術館 [静岡県]
2018年02月06日2018年04月01日
江戸⇔東京百景

江戸⇔東京百景

静岡市東海道広重美術館 [静岡県]
2017年11月28日2018年02月04日
広重生誕220周年記念 歌川広重 三つの東海道

広重生誕220周年記念 歌川広重 三つの東海道

静岡市東海道広重美術館 [静岡県]
2017年08月22日2017年11月26日
日タイ修好130周年記念特別展

日タイ修好130周年記念特別展

東京国立博物館 [東京都]
2017年07月04日2017年08月27日
ライアン・ガンダー展 太宰府天満宮コレクションより

ライアン・ガンダー展 太宰府天満宮コレクションより

太宰府天満宮宝物殿 [福岡県]
2017年05月13日2017年07月30日
いろトリどりの宝モノ

いろトリどりの宝モノ

立花家史料館 [福岡県]
2017年07月14日2017年09月25日
稀代の版画師 立原位貫 木版画展

稀代の版画師 立原位貫 木版画展

新見美術館 [岡山県]
2017年06月02日2017年07月17日

スズキコージ ズキンドーム展

筆の里工房 [広島県]
2017年06月17日2017年08月20日
古代オリエント カミとヒトのものがたり

古代オリエント カミとヒトのものがたり

岡山市立オリエント美術館 [岡山県]
2017年07月15日2017年09月03日
ランス美術館展 華麗なるフランス絵画

ランス美術館展 華麗なるフランス絵画

山口県立美術館 [山口県]
2017年07月06日2017年08月27日
THE 世界名作劇場展 思い出に残るあの名シーン ~フランダースの犬、赤毛のアン、トム・ソーヤー、小公女セーラ~

THE 世界名作劇場展 思い出に残るあの名シーン ~フランダースの犬、赤毛のアン、トム・ソーヤー、小公女セーラ~

奥田元宋・小由女美術館 [広島県]
2017年07月07日2017年08月20日
和本・教科書コレクション—仏教図会—

和本・教科書コレクション—仏教図会—

観峰館 [滋賀県]
2017年04月15日2017年07月17日
信楽から吹いてくる風

信楽から吹いてくる風

滋賀県立陶芸の森 [滋賀県]
2017年06月17日2017年07月16日
アルフォンス・ミュシャ展 麗しきアール・ヌーヴォー

アルフォンス・ミュシャ展 麗しきアール・ヌーヴォー

佐川美術館 [滋賀県]
2017年07月15日2017年09月24日

鳥たちが教えてくれたこと ~唳禽荘に暮らす鳥たち~

松伯美術館 [奈良県]
2017年07月11日2017年09月24日

上村松園・松篁・淳之展 ~三代にみる日本画百年の流れ~

松伯美術館 [奈良県]
2017年03月22日2017年06月25日