柳幸典 ワンダリング・ポジション

柳幸典 ワンダリング・ポジション

BankART Studio NYK [神奈川県]
2016年10月14日2026年01月07日
BankARTの3フロアをフルに使って様々なプロジェクトを紹介した見応えある展示でした。(関東圏初の大規模個展になるそうです。)壁一面に「アント・ファーム」が掲げられていたり、ゴジラをモチーフに天災を想起させるような巨大な作品があったり、犬島の精錬所の中にある"廊下"の再現されていたりと、大規模な作品も数多くあります。 どの作品も大きな問題を題材としつつもユーモアが入った作品でした。解説はほとんどないので欲を言えば時代背景とかの解説があるといいのになぁ…とは思いました。書籍とセットになった入場券も販売されていたのはこのためかもしれません。 なお、会期が2017年1月7日(土)まで延長になったそうです。
S 972e8cdc 3c44 4a8d bf05 1e3908c565a5
BODY/PLAY/POLITICS —カラダが語りだす、世界の隠された物語—

BODY/PLAY/POLITICS —カラダが語りだす、世界の隠された物語—

横浜美術館 [神奈川県]
2016年10月01日2016年12月14日
テレビでこの展覧会の事をしりました。-カラダが語りだす、世界の隠された物語ーなんとも不思議な名前の展覧会です。 私はこれから見に行くので詳細な事は判りませんが、ヨーロッパ、アフリカ、東南アジア、日本の異なる文化を背おった作家が どのようにカラダを表現していくのか楽しみです。もともと、このテーマで制作された作品ではないでしょうから、それを一つの テーマとしてとらえた横浜美術館の手腕にも期待です。 なにはともあれ、地元横浜での開催というのがありがたいです。
「描く!」マンガ展 ~名作を生む画技に迫る―描線・コマ・キャラ~

「描く!」マンガ展 ~名作を生む画技に迫る―描線・コマ・キャラ~

川崎市市民ミュージアム [神奈川県]
2016年07月23日2016年09月25日
漫画が好きな友人を連れて行きました。現代の漫画から戦後の名作までかなりの数の作品が収められていて、その一つ一つに丁寧な技術解説や背景を楽しむことができます。好きな漫画のルーツを知ることができるかもしれません。
メアリー・カサット 展

メアリー・カサット 展

横浜美術館 [神奈川県]
2016年06月25日2016年09月11日
大好きなルノワールにも似た、柔らかい色彩とタッチで描かれた子供の絵がとても可愛らしかったです。機会があればまた観に行きたいと思っています。
「生きるアート 折元立身」展

「生きるアート 折元立身」展

川崎市市民ミュージアム [神奈川県]
2016年04月29日2016年07月03日
折本立身さんの作品は、”パン人間”のようなパフォーマンスしか知らなかったのですが、ドローイング・立体・アーカイブなど、作品の幅広さにまず驚きました。特に、躍動感あふれるドローイングの数々が圧巻です。 「アート・ママ」のシリーズが展示の中心になっていますが、motoyotさんが詳しく書いてくださっているように、介護に多くの時間を費やす日常を美化するのではなく、愛情も葛藤も、ユーモアを交えて描きだされていました。それらの作品が新聞などで取り上げられたものを見ることで、「わたしは有名人」と言って母親が元気になる、というエピソードも興味深かったです。 一方で、とりわけ印象的だったのは「処刑」のパフォーマンスでした。決して作品に暴力が含まれるわけではないのですが、”タブーなもの見たさ”のような感覚でパフォーマンスからついつい目が離せなくなってしまうのが、横浜トリエンナーレ2014の「焚書パフォーマンス」を見ている時にも似た、違和感や自分の中にある怖さを感じさせる作品でした。 ユーモラスでありつつも、見た後には複雑なな感情が入り混じる展覧会でした。
「富士ゼロックス版画コレクション×横浜美術館 複製技術と美術家たち - ピカソからウォーホルまで 」 展

「富士ゼロックス版画コレクション×横浜美術館 複製技術と美術家たち - ピカソからウォーホルまで 」 展

横浜美術館 [神奈川県]
2016年04月23日2016年06月05日
富士ゼロックスと横浜美術館のコレクションで構成されおり、派手さはありませんが、ヴァルター・ベンヤミンの「アウラ」に関する記述を手がかりに、複製物と芸術作品、アーティストの関係を丁寧に探る好展示でした。 日頃美術館に行っていると、何となく「一点物=価値があるもの」と思いがちですが、複製技術が生まれたからこそアーティストという概念も生まれ、技術の発展と美学/哲学の発展は両輪で進行してきたもののようです。 今回の展示はウォーホルで終わっていますが、ICTが進化し、データにより複製が更に容易になった現在、複製物の持つ意味や、アウラの在り様も、また変わってきているのではないでしょうか?
あざみ野フォト・アニュアル 考えたときには、もう目の前にはない 石川竜一 展

あざみ野フォト・アニュアル 考えたときには、もう目の前にはない 石川竜一 展

横浜市民ギャラリーあざみ野 [神奈川県]
2016年01月30日2016年02月21日
石川氏が写真を撮り始めた2008年頃から、現在のCAMPシリーズに至るまで、主要なシリーズを網羅した良展示。 合成写真「脳みそポートレート」印画紙に直接溶剤を垂らした「ryu-graph」そして最近写真集として出版された「adrenamix」昨年写真集が出版されて話題になった「okinawan portraits」「絶景のポリフォニー」そして「CAMP」まで。 しごく真面目に写真に向き合い、表現を試行錯誤していった経緯、それがポートレイトになり、また山中になったり、作家の思考の遍歴を一緒に辿れるようで面白かったです。個人的には何よりも「okinawan portraits」の、沖縄の市井の人々の姿が印象的でした。私たちは、カメラを向けられると笑っちゃうんですが、彼らはかならずしも笑っていない。それは、石川氏が人々と会話を重ねてから撮影に入るからであり、そういったプロセスがあるからこそ、惹き込まれるポートレートが出来るのだと思います。 印象的な展覧会のタイトルについて、石川氏の言葉が、個人的にぐっときましたので、長文ですが引用します。 「何かを作るということは通ってきた道に印をつけていくということに似ている。何らかの刺激に反応していくことで、世界と僕自身のバランスのとれたポイントに印を付けていく。その連続の総体は当然個人の意思を超えて、僕が他でもない人間であるということと同時に、それを取り巻く情報、歴史、経験、社会を切り取っていくはずだ。 しかし、そんな僕の思惑にも何の意味もないだろう。いつも、考えたときにはもう対象は目の前にはなく、応答した時には残像なのだから。そこに意味があるとすれば答えのない問いを考え続けるということ。くだらない世界ともっとくだらない自分自身を、少しでも美しいと感じるための方法として。」
新いけばな主義

新いけばな主義

BankART Studio NYK [神奈川県]
2017年06月24日2017年07月02日

田口和奈 "wienfluss"

カスヤの森現代美術館 [神奈川県]
2017年06月01日2017年08月13日
開館10周年 美術でめぐる日本の海

開館10周年 美術でめぐる日本の海

横須賀美術館 [神奈川県]
2017年07月08日2017年08月27日

イタリア20世紀美術 巨匠たちの表現~M.マリーニ、G.マンズー、P.ファッツィーニ、E.グレコ、Eクッキの版画、素描、彫刻~

光と緑の美術館 [神奈川県]
2017年04月09日2017年05月26日

川久保ジョイ展 200万年の孤独、さくらと50万光年あまり

高架下スタジオSite-Aギャラリー [神奈川県]
2017年03月30日2017年04月23日

追悼 宮脇愛子

カスヤの森現代美術館 [神奈川県]
2017年03月23日2017年05月21日

イタリア20世紀美術 巨匠たちの表現~M.マリーニ、G.マンズー、P.ファッツィーニ、E.グレコの版画、素描、彫刻~

光と緑の美術館 [神奈川県]
2017年04月11日2017年05月26日
アンデルセン展

アンデルセン展

川崎市市民ミュージアム [神奈川県]
2017年04月22日2017年06月25日
デンマーク・デザイン

デンマーク・デザイン

横須賀美術館 [神奈川県]
2017年04月28日2017年06月25日
ファッションとアート 麗しき東西交流

ファッションとアート 麗しき東西交流

横浜美術館 [神奈川県]
2017年04月15日2017年06月25日
横浜市民ギャラリーコレクション展2017 季節をめぐる

横浜市民ギャラリーコレクション展2017 季節をめぐる

横浜市民ギャラリー [神奈川県]
2017年03月03日2017年03月19日
横須賀ゆかりの友禅作家 中村光哉展

横須賀ゆかりの友禅作家 中村光哉展

横須賀美術館 [神奈川県]
2017年02月11日2017年04月16日

あざみ野フォト・アニュアル 平成28年度横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展 写真—時間の位相

横浜市民ギャラリーあざみ野 [神奈川県]
2017年01月28日2017年02月26日

相模原市収蔵作品 江成常夫 写真展「ニューヨーク日記」より

光と緑の美術館 [神奈川県]
2017年03月04日2017年04月02日

あざみ野フォト・アニュアル 新井卓 Bright was the Morning — ある明るい朝に

横浜市民ギャラリーあざみ野 [神奈川県]
2017年01月28日2017年02月26日

人形作家 宮崎郁子 ひとがたのエゴン・シーレ

カスヤの森現代美術館 [神奈川県]
2017年01月07日2017年03月05日

kumagusuku attraction/アトラクション

高架下スタジオSite-Aギャラリー [神奈川県]
2016年12月03日2016年12月25日

収蔵コレクション イタリア20世紀美術 巨匠たちの表現 ~M.マリーニ、G.マンズー、P.ファッツィーニ、E.グレコの版画、素描、彫刻~

光と緑の美術館 [神奈川県]
2016年11月26日2017年01月15日