歴史的な中国磁器やそれに優ろうとした有田磁器をゆっくり堪能できる。となりで本物の人間国宝の三右衛門の器で、ランチが食べれたのにびっくり。