スプツニ子の作品が東京都現代美術館と展示方法が違っていて、また味わい深い。