この機に、船越桂氏の父である舟越保武氏の作品を見てもらいたい。 静かなのに存在感があり、真の存在感だなと思わせられます。