瀬戸内国際芸術祭。秋会期は「西の島」と呼ばれる本島・粟島・高見島・伊吹島も芸術祭の舞台に加わっています。2010年から開始され、3回目を迎える今回は、風景と美術の融合の素晴らしさ・島々の文化の多様性を楽しめるのはもちろんのこと、アーティストと島の人たちが何年かかけて積み上げて来た、豊かな関係性をしみじみ感じる作品が多かったです。それにしても海外のお客さんが増えていてびっくり!秋の風に吹かれての島巡りは楽しかったです♪