国宝「上杉本洛中洛外図屏風」、「上杉家文書」をはじめ、上杉家ゆかりの資料を数多く収蔵。常設展示室は16世紀の京都市中・郊外のくらしや文化をCGで再現した「洛中洛外図の世界」や、藩政改革で知られる上杉鷹山の功績を映像で表現した「鷹山シアター」など、実際に見て、触れて、楽しみながら歴史を学べる体験型の展示となっている。企画展示室では、米沢や上杉氏の歴史を取り上げた展示や、郷土ゆかりの作家を取上げた展示などを行う。