伊藤若冲 生誕300年記念 ゆかいな若冲・めでたい大観 - HAPPYな日本美術 -

伊藤若冲 生誕300年記念 ゆかいな若冲・めでたい大観 - HAPPYな日本美術 -

山種美術館 [東京都]
2016年01月03日2016年03月06日
ちょっと交通の便には難のある場所ですが、大盛況でしたよ。 平日のお昼頃なのに。 他の展覧会に比べて、年齢層は若干高めな印象です。 自分で描く人が主に観にくると仮定すると、そういうことなんですかね。 僕は、つい最近まで、どちらかというと写実的な絵画が好きでした。 それは、単純に上手かそうでないか、技術的な尺度を持って観られるから。 その基準で観ると、日本画は写実的な作品は少ないですよね。 だから、その価値自体がよくわからなかった。 デフォルメしていたり、西洋画に比べて遠近感を重視していなかったり…。 現在のジャンルでいうと、イラスト的だと感じている向きも合ったかな。 でも、最近、いろいろなジャンルのアート作品を見ていて思うことは、 「アートって技術力だけじゃないんだな」ってことです。 (もちろん技術的なベースがあった上で、人のこころに届くためには、という意味で) 要は、その作品の中に、「自分の感じている世界観を、対象物を通じてどれだけ 表現できているか」ということかな、と。 それを、技術力に頼りすぎて、対象物の再現にのみとらわれていたり、逆に、 対象物を描きながらも、そのものとは関係のない要素を盛り込んだりして奇を 狙いすぎてもおもしろくないし。 その観点から観ると、写実的な表現をあまり使わない日本画っておもしろいですよね。 描き手の個性や、世界の見方が人それぞれハッキリ現れているし、明らかにそれぞれ 違っているし。 色使いも綺麗だし。 墨絵は一発勝負な訳でしょ? 何度も上書き、描き直しが効く訳でもなさそうだし。 とすると、描き出す前に完全なイメージが頭の中にあって、それを正確に紙の上に 表現する。 技術力もすごいですよね(当たり前だけど 笑)。 いやー、行く度に新しい気づきでいっぱいです。 これからも、「作者の世界観」に注目して観ていこうかな。 自分以外の人には、どんな世界が見えているのか知るのって、おもしろいですよね。 ちなみに、山種美術館のミュージアムショップは客あたり単価が高そうでした。 お客さんの年齢層が高い分、資金的に余力があるのかな? 図録とか、高い商品もよく売れていたし、レジを見ていたところ、平均5千円以上は 買っていく印象でした。 アートとは関係ないお話ですが(^^;)
国芳イズム - 歌川国芳とその系脈 武蔵野の洋画家 悳俊彦コレクション

国芳イズム - 歌川国芳とその系脈 武蔵野の洋画家 悳俊彦コレクション

練馬区立美術館 [東京都]
2016年02月19日2016年04月10日
「あそぶ浮世絵 ねこづくし」展

「あそぶ浮世絵 ねこづくし」展

そごう美術館 [神奈川県]
2016年04月02日2016年05月08日
最近浮世絵の展覧会が多くいくつか見てきましたが、こちらは横浜そごうで買い物中に偶然見つけた展覧会でした。ノーチェックだったので猫好きとしてはラッキー! 歌川国芳はかなりの猫好きで猫の作品がとても多いのだそうです。美人に可愛がられるペットとしての猫たちや、擬人化された表情豊かな猫たちからうかがえる江戸の人々の暮らしぶりが大変興味深く楽しめました。 怪談に登場する猫たちにはぎょっとしつつ、今も昔も人々の生活に溶け込み愛されている猫たちに変わりはないのだと思いました。 販売されているグッズもかわいいのでしげしげと眺めてしまいました。
S 8d702870 acc3 4f35 9fd5 f1a37b47242f
原安三郎コレクション 広重ビビッド

原安三郎コレクション 広重ビビッド

サントリー美術館 [東京都]
2016年04月29日2016年06月12日
江戸時代の浮世絵師であった歌川広重の作品を初めて生で見ることができました。どの作品も美しさがありずっと見ていられるものばかりでした。江戸時代の雰囲気を感じられたのでとても満足です。
「ボストン美術館所蔵  俺たちの国芳 わたしの国貞 」展

「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞 」展

神戸市立博物館 [兵庫県]
2016年06月18日2016年08月28日
まるで現代のポップアーティストが描いたかのような新鮮な浮世絵でした。 その上現代人には出せないような情緒もあって見ていて全く飽きない展示でした。
いつだって猫展

いつだって猫展

愛媛県美術館 [愛媛県]
2016年09月28日2016年11月06日
「いつだって猫」展、だとー、と最初聞いたときは思いました。でも、気が付いた時には県美術館に足がむいていました。 企画展の中に入ると、ねこ、ねこ、ねこのオンパレード。特に、歌川国芳など浮世絵師たちの浮世絵には圧巻されました。これを見ると実にいきいきとした様子で猫が描かれていて、また擬人化されているものもあり、とても楽しめました。ほんとーに「猫ブーム」なるものがあったのだと実感しました。 私は犬派だったのですけれど、猫もいいなーと思いました。