パリの日常 WILLY RONIS展

パリの日常 WILLY RONIS展

何必館・京都現代美術館 [京都府]
2015年06月06日2015年07月26日
古き良きパリが見れますね^^
TOKYO DESIGN WEEK 2015

TOKYO DESIGN WEEK 2015

2015年10月24日2015年10月28日
ファッション史の愉しみ - 石山彰ブック・コレクションより

ファッション史の愉しみ - 石山彰ブック・コレクションより

世田谷美術館 [東京都]
2016年02月13日2016年04月10日
「コンデナスト社のファッション写真でみる100年」展

「コンデナスト社のファッション写真でみる100年」展

CHANEL NEXUS HALL [東京都]
2016年03月18日2016年04月10日
「BORO -美しいぼろ布-」 展

「BORO -美しいぼろ布-」 展

アミューズミュージアム [東京都]
2016年04月08日2017年03月26日
 この展覧会の何が素晴らしいって、展示物の撮影はもちろん、触れるのも自由なことです。  何十年も何世代もツギをあてボロ布を重ね糸を通して酷使されてきた布の重みは、想像を超えるものがあります。  ここでいう重みとは、心情的なものと物理的なものを両方指していて、手に取って触れて持ち上げることで、存外に快適なぼろ木綿の手触りや甲冑のような寝巻の重さに、生活の歴史という重みを感じられました。  東北の伝統刺子の精緻さに感動し、古衣装を着る展示で互いの格好を笑い、鮭の皮のブーツ等見たこともない衣装も拝見し、想像以上に楽しみました。  もうひとつ、とても素晴らしい点がありました。  週末に行ったにもかかわらずガラッガラです。  人がどくのをイライラしながら拝見する芸術品より、よほど心の糧になり楽しめましたよ。  民俗的な事柄に興味のある方とぜひ。
eBoutique2020

eBoutique2020

2016年07月30日2016年09月30日
モードとインテリアの20世紀 ―ポワレからシャネル、サンローランまで―

モードとインテリアの20世紀 ―ポワレからシャネル、サンローランまで―

汐留ミュージアム [東京都]
2016年09月17日2016年11月23日
GUCCI 4 ROOMS

GUCCI 4 ROOMS

2016年10月12日2016年11月27日
”4 ROOMS”ですが、現在は真鍋大度さん、塩田千春さん、Mr.の3名の作品を部屋ごとに楽しむことができます。 塩田千春さんの作品は、先日の神奈川芸術劇場での個展と同じように赤い糸が部屋中に張り巡らされた作品でありながらも、とても柔らかい雰囲気で、会場と演出方法によって全く印象が違なることに驚く展示でした。 個々の作品はとても面白かったのですが、作品と一緒に展示されていたGUCCIの派手な製品とアーティストのイメージがかけ離れすぎていて、作品完全に入り込めなかったのが少し残念でもありました。でも、これらの展示が無料で楽しめるのは嬉しいですね。
S c685c222 1c26 4585 80b7 848be1e5236f
マリメッコ展

マリメッコ展

Bunkamura ザ・ミュージアム [東京都]
2016年12月17日2017年02月12日
たくさんワンピースが展示してありました。 私の中で小物やバッグのイメージが強かったので、新鮮でした。 大胆でカラフルな柄でもシルエットがシンプルなら着れそうだなと思いました。 今年の春夏はマリメッコ風の服を着てみようかな。