Futurismo さんのコメント

森本美由紀 展

森本美由紀 展

竹久夢二美術館 [東京都]
2015年07月03日2015年09月23日
森本美由紀さんのPOPなイラストなのに何故か和風のテイストが同居している感じが好きで、 森本さんのイラストが表紙の本は良くチェックしていました。 アトリエに残された原画公開と貴重な展覧会なので、この目で生で感じたいです。
アートと考古学展 - 物の声を、土の声を聴け -

アートと考古学展 - 物の声を、土の声を聴け -

京都文化博物館 [京都府]
2016年07月23日2016年09月11日
タイトルにあるアートと考古学のコンセプトは流石、文化の発信地であった古都、京都ならでは 考古学の視点からみる芸術はまた面白い。双方向の見方をすることで鑑賞眼と想像力の幅が広がりそうな展覧会です。 関連イベントの体験教室「芸術家と考古学者と一緒にアートを作ろう!」は、物づくりを通じて芸術と考古学に興味を持つ きっかけづくりとしては、贅沢な内容です。時間が取れれば足を運んで体験したいです。
「ボストン美術館所蔵  俺たちの国芳 わたしの国貞 」展

「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞 」展

神戸市立博物館 [兵庫県]
2016年06月18日2016年08月28日
浮世絵といえば、歌川国芳と歌川国貞ですが二人の作品はいつ見ても新鮮でインパクトが凄い。過去に何度か二人の作品を鑑賞したことはありますがボストン美術館所蔵の厳選された170件の作品が展示されるので二度と観る事が出来ない作品もあるかと思います。お盆休みを利用してぜひ観たいです。
「なつやすみの美術館6 きろくときおく」展

「なつやすみの美術館6 きろくときおく」展

和歌山県立近代美術館 [和歌山県]
2016年07月02日2016年09月19日
美術作品を通じて時の旅を楽しみながら郷土の移り変わりや忘れかけていた記憶を思い出して記録として留める 展覧会のコンセプトがとても面白い。コラボイベントは夏休みに突入してからになりますが展覧会・美術館の 敷居の高いイメージではなく、こどもも大人も楽しめる内容なのでとても興味を持ちました。 地元のイベントなので是非息子をつれて参加したいと思います。
江口寿史「KING OF POP 京都編」

江口寿史「KING OF POP 京都編」

京都国際マンガミュージアム [京都府]
2016年06月11日2016年09月04日
最近は、漫画家ではなくイラストレーターで有名な江口寿史さん。特に女性のイラストは清涼感がありPOPです。 展覧会名「KING OF POP」は江口さんの誰にも真似のできない画風そのもので言葉で伝える事なんて120%不可能 あえて言うなら「観てPOPを感じろ!」ですね。
しりあがり寿の現代美術 回・転・展

しりあがり寿の現代美術 回・転・展

練馬区立美術館 [東京都]
2016年07月03日2016年09月04日
しりあがり寿さんの描く、下半身から社会を睨みつけるような世界観と、あの感じたまま即興で描く作風が好きです。 漫画家を超えた表現者の感性を肌で感じられる貴重な機会、生で観たいです。