ミュシャの描く女神のように美しい女性が好きなのですが、自分の知っていたミュシャはごく一部で、スラブ叙事詩の国家、民族、戦争、宗教、友和と壮大なテーマと迫力の絵に時間も忘れて見入ってしまいました。 ミュシャの誕生、経歴、時代背景が、年表やビデオで紹介されていて、作者と絵画への理解がさらに深まっていいですね。 撮影可能エリアがあって、写真を撮っていいんですね! 初めての経験で、嬉しくてたくさん撮りました。素敵なお土産ができました。