日本初公開の[ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」はさすがに圧巻でしたが、他のどの絵を見てもモデルに対する愛が溢れていて優しい気持ちになりました。同時期の画家たちの絵も含めて展覧会全体が優雅な舞踏会のようでした。