milano さんのコメント

しりあがり寿の現代美術 回・転・展

しりあがり寿の現代美術 回・転・展

練馬区立美術館 [東京都]
2016年07月03日2016年09月04日
大好きな漫画家しりあがり寿、初の美術館での個展ということで足を運びました。 こんなに沢山の作品があったのか!と驚かされたり、展示法も面白くてとても楽しめました。
みんな、うちのコレクションです

みんな、うちのコレクションです

原美術館 [東京都]
2016年05月28日2016年08月21日
ずっと気になっていた原美術館に行ってみました。 もともとは邸宅だったという小ぢんまりした空間ですが、現代美術のエッセンスがぎゅっと濃縮された不思議な空気に満ちていて、とても面白く鑑賞できました。
モネ展 マルモッタン・モネ美術館所蔵

モネ展 マルモッタン・モネ美術館所蔵

新潟県立近代美術館 [新潟県]
2016年06月04日2016年08月21日
数年前に行ったジヴェルニーの庭の光景や、自宅に展示されていた交友のあった画家たちの絵、自画像など、懐かしく観ました。 俯瞰した構図の「テュイルリー公園」はモネには珍しい感じの絵だと思いました。
アルフォンス・ミュシャ「ミュシャのアトリエ - どんな作品を作っているの?- 」

アルフォンス・ミュシャ「ミュシャのアトリエ - どんな作品を作っているの?- 」

堺市文化館 [大阪府]
2016年06月18日2016年10月16日
ミュシャの作品が好きで観に行きました。 借りてきたものではなく堺市蔵の作品ばかりということで、珍しいブロンズ像も展示されていて興味深い展覧会です。
日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展

日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展

森アーツセンターギャラリー [東京都]
2016年04月29日2016年07月03日
2000年も前に描かれた壁画が、こんなに鮮やかな色で遺っていることに驚きました! 顔の表情や動物の毛が細く描かれていて、当時の人々の文化の高さも見ることができます。 ショップも充実していて楽しめました。
MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事

MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事

国立新美術館 [東京都]
2016年03月16日2016年06月13日
三宅一生の作品を観ると、ファッションデザインというのは、人間の身体に纏わせるという縛りの中でのアートなのだと思い知らされます。 一般によく切られているプリーツの手法を使った洋服が、アートとして留まらずに、日常着として広まったことに彼の高い能力を感じました。 そういったアイデアと技術の数々を観られるこの展覧会はとても興味深いです。
「日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ」展

「日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ」展

国立西洋美術館 [東京都]
2016年03月01日2016年06月12日
2014年に発見されたばかりの「法悦のマグダラのマリア」がいち早く観られる幸せ! 表情、質感、光と影のコントラストどれも素晴らしく、目が惹きつけられる作品です。 惜しいのは館内が混みすぎていてゆっくりじっくりと佇んでいられなかったことです。
オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展

オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展

国立新美術館 [東京都]
2016年04月27日2016年08月22日
ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」が観られると知り、足を運びました。 パリで観て、想像していたよりも大きく光に満ち溢れたこの作品に魅了され、今回も2度目にも関わらず同じことを感じました。 ルノワールだけを取り出して系統立てて観ることで、より興味を持って深く彼の作品を味わうことができました。