アールヌーヴォー風のパリ時代の華やかな絵で有名ですが、今回のみどころはスラヴ叙事詩。作風がガラッと変わり、スケールがあって、様々な技法をこらして描かれた20点の大作に圧倒されました。実際にチェコの人々をモデルに写真を撮って絵に表し、歴史をたどりながらスラヴ民族の魂が映し出されたムハ(ミュシャ)の渾身の作品。息をのんでじっと眺めてしまいます。写真を撮れるものも一部ありました。パリ時代の有名な作品も展示されていて、こちらも見応えがありました。
S 3844f4bf 7195 47e6 b7a8 93941233891a