平仮名
文字
字源 美の草書体
JIS X 0213 1-4-63
Unicode U+307F
片仮名
文字
字源
JIS X 0213 1-5-63
Unicode U+30DF
言語
言語 ja, ain
ローマ字
ヘボン式 MI
訓令式 MI
JIS X 4063 mi
アイヌ語 MI
発音
IPA mʲi
種別
清音

は、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第7行第2段(ま行い段)に位置する。

概要

「み」の筆順
「ミ」の筆順
  • 現代標準語の音韻: 1子音と1母音から成る音 /mi/。両唇を閉じて鼻から声を出す有声子音/m/(両唇鼻音)といから成る音。
  • 五十音順: 第32位。
  • いろは順: 第41位。「め」の次、「し」の前。
  • 平仮名「み」の字形: 「美」の草体
  • 片仮名「ミ」の字形: 「三」による
  • ローマ字: mi
  • 点字:
    「み」の点字
  • 通話表: 「三笠のミ」
  • モールス信号: ・・-・-
  • 手旗信号:6→1
Japanese Semaphore Basic Stroke 6.svgJapanese Semaphore Basic Stroke 1.svg
  • 発音:Japanese mi.ogg み

み に関わる諸事項

  • や行の文字を後続させて、開拗音を構成する。このとき、後続するや行の文字は一般に小さく書く。
  • 箕(み)のことを表す場合がある。
  • 音階で「ミ」(記号E)は「レ」(D)と「ファ」(F)のあいだの音を示す。
  • 宮城県旗三重県旗は平仮名の「み」を図案化したもの、また、宮崎県旗は片仮名の「ミ」を図案化したものである。
  • クレール・デルボスの愛称。オリヴィエ・メシアンの最初の妻。
  • ミミおよびミ

関連項目

  • Wikipedia:索引 み
ウィキペディア 無料のウェブ百科事典より・ ウィキペディアでの編集

関連する展覧会

Loading...