サイ・トゥオンブリーまたはサイ・トゥオンブリ(Cy Twombly、1928年4月25日 - 2011年7月5日[1])は、アメリカ合衆国バージニア州出身の画家彫刻家

概要

作風は時代によって大きく変化しているが、最も広く知られているのは、無彩色または彩度の低い背景に筆記体の"e"または"l"の字を続けて書いたようなカリグラフィー的な作品である。1980年代以降は、植物をモチーフに、色彩を多用した作品を制作していた。

日本では、国立国際美術館(大阪府大阪市北区)、ベネッセハウス(香川県直島町)などが作品を所蔵している。また、1996年に絵画部門で高松宮殿下記念世界文化賞を受賞している。

略歴

ニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグ・オブ・ニューヨーク(美術学生連合)で美術を学ぶ。1951年には、ロバート・ラウシェンバーグのすすめでブラック・マウンテン・カレッジに進み、ロバート・マザウェルに師事。同年に、ニューヨークのThe Kootz Galleryで最初の個展を開催している。

1953年には、暗号制作者としてアメリカ陸軍に従軍。この経験は彼のその後の作品を影響を与えたとされる。

1957年からはローマに定住し、イタリアで作品を制作していた。

2011年7月5日、ローマで死去。83歳没[1]

脚注

  1. ^ a b サイ・トゥオンブリー氏=米画家 : おくやみ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
ウィキペディア 無料のウェブ百科事典より・ ウィキペディアでの編集

関連する展覧会

Loading...