泉 太郎(いずみ たろう、1976年 - )は日本の現代美術家、映像作家。奈良県出身。多摩美術大学絵画学科卒業、同大学院修士課程修了。映像を使ったインスタレーション作品を発表している。

経歴

個展

  • トロッコ(ヒロミヨシイ, 東京, 2006)
  • ゲーム台 (倉)(buro13 by ヒロミヨシイ, 東京, 2007)
  • junglebook(gallery stump Kamakura, 鎌倉, 2008)
  • マジシャンのパン・日食(ヒロミヨシイ, 東京, 2008)
  • 山ができずに穴できた( NADiff GALLERY , 東京, 2009)
  • HELSINKI(GALERIE G.-P. & N. VALLOIS , パリ, 2009)
  • クジラのはらわた袋に隠れろ、ネズミ(アサヒ・アートスクエア , 東京, 2010)
  • 捜査とあいびき(ヒロミヨシイ, 東京, 2010)
  • こねる(神奈川県民ホールギャラリー, 神奈川, 2010)
  • cloud, looks like a spider(NADiff Window Gallery, 東京, 2011)
  • 勇ましいあくび(ヒロミヨシイ, 東京, 2011)
  • ヤブ医者/髭の中(スプラウト・キュレーション, 東京, 2011)
  • 動かざる森の便利、不便利 Tamagawa Art Gallery Projects 2011-2012 no.4(玉川大学, 東京, 2011)
  • The source of wrinkles(GALERIE G.-P. & N. VALLOIS , パリ, 2013)
  • CSLAB EXHIBITION Vol.2 泉太郎「貝塚と生活」(東京造形大学CS-Lab, 東京, 2013)
  • 眩む足場 / しびれる足に寄り添ううなぎ (hiromiyoshii ropponngi, 東京, 2013)

グループ展

  • Field of Dreams (Project Room/小山登美夫ギャラリー, 東京, 2005)
  • The World is Mine (ヒロミヨシイファイブ, 東京, 2005)
  • 福武ハウス in 越後妻有アートトリエンナーレ2006 (新潟, 2006)
  • After the Reality (Daich Projects,ニューヨーク, 2006)
  • 夏への扉-マイクロポップの時代(水戸芸術館, 2007)
  • COLLECTOR'S CHOICE:Collection 2 (Daelim Contemporary Art, ソウル, 2007)
  • Out of the Ordinary:New Video from Japan (Museum of Contemporary Art , ロサンゼルス, 2007)
  • Techniques of Storytelling_speaking of unspeakable (SamzieSpace,LOOP ,ソウル, 2007)
  • 食と現代美術2008 (BankART1929,横浜,2008)
  • LandmarkProject3 国道16号線を越えろ! ←野毛にいこう(野毛山地区, 横浜, 2008)
  • THE ECHO (ZAIM, 横浜, 2008)
  • TOKYO NONSENSE (SCION Installation L.A., ロサンゼルス, 2008)
  • BETWEEN ART AND LIFE. PERFORMATIVITY IN JAPANESE ART. (Centre d´Art :Contemporain Geneve, スイス, 2008)
  • UNLIMITED(アプリュス(A+), 東京, 2009)
  • ヴィデオを待ちながら 映像、60年代から今日へ(東京国立近代美術館, 東京, 2009)
  • Re:Membering -Next of Japan- (Gallery LOOP, 韓国, 2009)
  • ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開 (原美術館, 東京, 2009)
  • こども+おとな+夏の美術館 まいにち、アート!! (群馬県立近代美術館, 群馬, 2009)
  • CREAM ヨコハマ国際映像祭2009 「動物園にエイゾウがやってきた!!」 (CREAM ヨコハマ国際映像祭2009 サテライト会場 横浜市立野毛山動物園, 横浜, 2009)
  • POST.O: The Reverse of TOPOS (Garden City Space of Art, 台湾, 2009)
  • Extra/Ordinary: Video Art from Asia (University Of Kansas, Spencer Museum of Art, カンザス, 2009)
  • Twist and Shout: Comtemporary Art from Japan (Bangkok Art and Culture Centre, タイ, 2009)
  • 日常 場違い Everyday life Another space (神奈川県民ホールギャラリー, 神奈川, 2009)
  • MOTコレクション 入口はこちら − なにがみえる? (東京都現代美術館, 東京, 2010)
  • TRUST Media City Seoul 2010 (Seoul Museum of Art, ソウル, 2010)
  • CITY 2.0--WEB世代の都市進化論(EYE OF GYRE, 東京, 2010)
  • Media Landscape - Zone East, リパプールビエンナーレ関連企画(Contemporary Urban Center, リバプール, 2010)
  • 暴力と宇宙 (island, 柏, 2011)
  • Shifting Surfaces : Experience, Perspectives and Media (Artsonje Museum, キョンジュ, 2011)
  • JAPANCONGO: Carsten Hollers double-take on Jean Pigozzis collection(グルノーブル現代アートセンター, フランス / 現代美術センター, モスクワ / パラッゾ・レアーレ, ミラノ, 2011)
  • MOTコレクション サイレント・ナレーター それぞれのものがたり (東京都現代美術館, 東京, 2011)
  • Invisibleness is Visibleness: International Contemporary Art Collection of a Salaryman-- Daisuke Miyatsu(台北現代美術館, 台北, 2011)
  • ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR 世界はどこまで知ることができるか? (日本郵船海岸通倉庫, 横浜, 2011)
  • オムニログ:オルタネイティング カレント:3.11以降の日本現代美術 (パース・インスティチュート・オブ・コンテンポラリー・アート, オーストラリア, 2011)
  • 小金井アートフル・ジャック! バミューダトライアングル (シャトー小金井, 東京, 2012)
  • 泉太郎キュレーション展:有袋類 (TALION GALLERY, 東京, 2012)
  • 池田シゲルキュレーション展:縁側つなわたり・無理強いの計 (TALION GALLERY, 東京, 2012)
  • パリに笑壷を運ぶ - 現代日本映像作品展 (パリ日本文化会館, パリ, 2012)
  • リアル・ジャパネスク-世界の中の日本現代美術 (国立国際美術館, 大阪, 2012)
  • THE ECHO - Although I am still alive (Kunstraum Kreuzberg - Bethanien, Projektraum, ベルリン, 2012)
  • VOICE OF IMAGES (Palazzo Grassi Francois Pinault Foundation, ベニス, 2012)
  • であ、しゅとゅるむ (名古屋市民ギャラリー矢田 第1展示室, 名古屋, 2013)
  • identity IX -curated by Reiko Tsubaki- (nichido contemporary art, 東京, 2013)
  • MOTコレクション 第2部 ぼくからきみへ —ちかくてとおいたび— (東京都現代美術館, 東京, 2013)
  • アートがあればⅡ ─ 9人のコレクターによる個人コレクションの場合 (東京オペラシティ アートギャラリー, 東京, 2013)
  • あいちトリエンナーレ2013並行企画「ユーモアと飛躍」(岡崎市美術博物館 , 愛知, 2013)
  • 六甲ミーツ・アート 芸術散歩2013 (六甲ガーデンテラス他 , 兵庫, 2013)
  • 森美術館10周年記念展「アウト・オブ・ダウト展ー来るべき風景のために(六本木クロッシング2013)」 (森美術館 , 東京, 2013)

その他の活動

著書

  • 『美術妙論家 / 池田シゲル』, 2009
  • 『せのび〜ひとりだち』, 2009
  • 『1P』, 2009
  • 『ドローイングブック』, 2011

外部リンク

ウィキペディア 無料のウェブ百科事典より・ ウィキペディアでの編集

関連する展覧会

Loading...