近田 春夫
出生名 近田 春夫
別名 近尾 春親
近田 ハルオ
塚田 みのる
デューク 柏淵
President BPM
作詞センター
作曲研究所
東京アレンジサービス
SCSI-TR
NO CHILL OUT
Rice
生誕 (1951-02-25) 1951年2月25日(66歳)
出身地 日本の旗 日本・東京都
学歴 慶應義塾高等学校 卒業
慶應義塾大学文学部中退[1]
ジャンル ロック
パンク・ロック
歌謡曲
ラップ
トランス
職業 歌手、作曲家
音楽評論家
担当楽器 ピアノ、キーボード
活動期間 1970年 -
レーベル キングレコード
日本コロムビア
徳間ジャパン
BPM
ソリッドレコード
ポニーキャニオン
バンダイ・ミュージックエンタテインメント
ミュージックマイン
事務所 アミューズ
近田春夫事務所
共同作業者 谷啓
窪田晴男
沖山優司
内田裕也
筒美京平

近田 春夫(ちかだ はるお、1951年2月25日 - )は、日本のミュージシャン、作曲家、音楽プロデューサー、音楽評論家、タレントである。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部ポピュラーカルチャー学科音楽コース教授[2]。別名は、近尾 春親(ちかお はるちか)、近田 ハルオ塚田 みのる(つかだ みのる)[3][4]デューク 柏淵(デューク かしわぶち)、President BPM(プレジデント ビーピーエム)、作詞センター(さくしセンター)、作曲研究所(さっきょくけんきゅうじょ)、東京アレンジサービス (とうきょうアレンジサービス)、SCSI-TR(スカジーティーアール)、NO CHILL OUT(ノーチルアウト)、Rice(ライス)等多数。東京都出身、慶應義塾大学文学部中退。スタイリストの近田まりこ(1952年 - )は元妻。

経歴

  • 1951年(昭和26年)2月25日、東京都に生まれる。実家は世田谷区等々力にあり、3歳からピアノのレッスンを受けて育った[5]
  • 1957年(昭和32年)4月、慶應義塾幼稚舎に入学[6]。この学校の中では実家が貧しく、そのことで暗い気分になった[7]
  • 1963年(昭和38年)4月、慶應義塾普通部に入学[8]
  • 1966年(昭和41年)4月、慶應義塾高等学校に進学するも高校在学時に音楽活動を開始、留年を重ねる。
  • 1970年(昭和45年)、GS(グループ・サウンズ)末期のバンドロック・パイロットに参加する。また同じころ、元ザ・ビーバーズの平井正之・成田賢らのエモーションに参加する。
  • 1971年(昭和46年)、4月、5年生まで留年して高校を卒業、慶應義塾大学文学部に入学するもほとんど学校には顔を出さず、高校時代から関わっていた『アンアン』の編集部で働く[9]。クニ河内のバンド羅生門に参加、翌1972年1月、アルバム『インディアン、死よりも赤を選ぶ』を発表。
  • 1972年(昭和47年)、元村八分の初代ドラマー恒田義見らとハルヲフォン(のちの近田春夫&ハルヲフォン)を結成する[10]。同年、アラン・メリル、金沢ジュンとゴジラを結成、同年、内田裕也の1815ロックンロールバンドに参加[11]
  • 1975年(昭和50年)、谷啓とザ・スーパーマーケット結成に近田ハルオ名義で参加。同年ハルヲフォンはメジャーデビューする。
  • 1976年1月1日 - 7日、日本劇場で行われた「'76 小柳ルミ子アグネス・チャン ハッピー ニュー イヤー ショー」に谷啓とザ・スーパーマーケットのメンバーとして出演。
  • 1977年10月、『近田春夫のオールナイトニッポン』(火曜2部: 1977年10月 - 1979年3月、金曜1部: 1979年4月 - 同年9月[12])放送開始。
  • 1978年(昭和53年)、雑誌『POPEYE』で連載コラム「THE 歌謡曲」を開始、1984年まで続いた。シングル『ロキシーの夜』でソロデビューする。同シングルのB面を最後にハルヲフォンは解散した[10]
  • 1979年(昭和54年)、近田春夫&BEEFを結成。BEEFは翌1980年、ジューシィ・フルーツとして分離、デビューした。「THE 歌謡曲」をまとめた単行本『気分は歌謡曲』発売。
  • 1981年(昭和56年)、窪田晴男、福岡ユタカらのバンド人種熱をとりこみ、近田春夫&ビブラトーンズを結成する。同年、ザ・ベンチャーズのアルバム「カメレオン」に加藤和彦坂本龍一ヒカシュー等と共に参加、ツアーにもゲストで参加している。
  • 1983年(昭和58年)、元ハルヲフォンの高木英一、元ピンナップスの野元貴子らとゲートボールを結成。
  • 1985年(昭和60年)、ヒップホップ専門レーベルBPMを設立、President BPM名義でラップ12インチシングル『MASS COMMUNICATION BREAKDOWN』を発表。
  • 1987年(昭和62年)、元JAGATARAのOTOらと人力ラップビッグバンドビブラストーンを結成。
  • 1995年(平成7年)、ビブラストーン解散、ソロでゴアトランスを手がけ始める。
  • 1997年(平成9年)1月、『週刊文春』で『考えるヒット』の連載を開始。
    • 同年1月21日、Afromix名義でEP『444』、同年2月21日、EP『WORM』を発表。
    • 同年3月21日、SCSI-TR名義でEP『SCUTTLE SHAKE』、同年5月21日、EP『HOT ROD 2001』を発表。
    • 同年7月21日、NO CHILL OUT名義でゴアトランスEP『Black Light』、同年11月21日、EP『FUNKY-ZERO』を発表。
    • 同年11月21日、CHAKAとのバンドDelicious Hipによるアルバム『Delicious Hip』を発表。
  • 1998年(平成15年)、「THE 歌謡曲」全連載内容を含む『定本 気分は歌謡曲』を刊行。
  • 2002年(平成14年)10月13日、Omb、UKIASHI、USCUSとトランス・バンドThe Lunatic Thunderを結成、川崎クラブチッタで初ライヴ。近田はテクノ・トランス・プロジェクトRice名義。
  • 2003年(平成15年)2月26日、The Lunatic Thunderの初アルバム『KINGDOM COM』、同年9月26日、Rice名義で初アルバム『B.P.M.syndicate』をそれぞれ発表。
  • 2006年(平成18年)4月29日 - 30日、近田春夫&ハルヲフォン・リローデッド名義でハルヲフォン再結成。
  • 2008年(平成20年)8月、S字結腸のがんを開腹手術。
  • 2010年(平成22年)12月2日、NHKラジオ第一放送にて、『ロックンローラー近田春夫の歌謡曲って何だ?』開始(1~2か月に1回の不定期放送)。翌年、新年度4月6日より毎週金曜日、週1回の放送開始[13]
  • 2011年(平成23年)6月20日、The Lunatic Thunderのアルバム『Encounter』を発表。同年12月10日、The Lunatic Thunder名義で、ageHaで行われた『ageHa×Mother presents Mother 9th Anniversary Party「MUSIC IS CONNECTED TO UNIVERSE」』に出演。
  • 2013年(平成25年)4月、京都精華大学にポピュラーカルチャー学部開設、教授に就任[2]

名義歴

  • ロック・パイロット ⇒ エモーション ⇒ 羅生門(近尾春親) ⇒ ハルヲフォン ⇒ ゴジラ ⇒ 加藤ヒロシとそのグループ ⇒ 1815ロックンロールバンド ⇒ 谷啓とザ・スーパーマーケット(近田ハルオ) ⇒ 近田春夫&ハルヲフォン ⇒ 近田春夫 ⇒ 近田春夫&BEEF ⇒ 人種熱+近田春夫 ⇒ 近田春夫&ビブラトーンズ ⇒ ビブラトーンズ ⇒ ゲートボール ⇒ President BPM ⇒ 近田春夫&ビブラストーン ⇒ ビブラストーン ⇒ Afromix ⇒ SCSI-TR ⇒ NO CHILL OUT ⇒ Delicious Hip ⇒ Rice ⇒ The Lunatic Thunder ⇒ 近田春夫&ハルヲフォン・リローデッド⇒ The Lunatic Thunder
  • 作詞センター / 作曲研究所 / 東京アレンジサービス

人物・来歴

慶應義塾大学在学中から、内田裕也のバックバンドでキーボード奏者として活躍。また、創刊されたばかりの「anan」編集部にアルバイトとして出入りしていた[14]

1972年に「近田春夫&ハルヲフォン」を結成。1974年には、脚本家の荒井晴彦からの依頼で日活ロマンポルノ『濡れた賽ノ目』(監督若松孝二、製作若松プロダクション)の音楽を「塚田みのる」名義で手がけ、同年には同じく荒井の依頼で日本専売公社のPR映画(監督渡辺護、主演竹井みどり寺田農)の劇伴を手がけた[3][4]

1970年代後期から1980年代初期にかけては、ラジオパーソナリティやテレビ番組のコメンテーター、テレビドラマ『ムー一族』、『家路〜ママ・ドント・クライ』出演、アニメ映画『フリテンくん』の主役声優担当など、メディアを跨いだ幅広い仕事をこなす。

また、「日本の歌謡曲が持つ音楽性」にもっとも早く気がつき、1978年から1984年にかけて、雑誌「POPEYE」に伝説的なコラム「THE 歌謡曲」を連載。また、「近田春夫&ハルヲフォン」のアルバム『電撃的東京』(1978年)でも、歌謡曲のカバーを行った。1979年にソロ・アルバム『天然の美』を発表。アレンジ・演奏に結成直後のイエロー・マジック・オーケストラを起用する。『エレクトリック・ラブ・ストーリー』、『ああ、レディハリケーン』等で漫画家の楳図かずおを作詞家として起用した。

結成したバックバンド「BEEF」は茂木由多加とNOGERAを除いたメンバーが、1980年にテクノ歌謡バンドジューシィ・フルーツとしてデビュー、自らプロデューサーを務めた。近田が作曲を担当したジューシィ・フルーツの曲『恋のベンチ・シート』をもじったタイトルの『恋のぼんちシート』を当時人気絶頂だった漫才コンビ「ザ・ぼんち」に提供。近田にとってはジューシィの『ジェニーはご機嫌ななめ』に続く大ヒット曲となったが、ラジオ番組「ビートたけしのオールナイト・ニッポン」でこの曲がダーツ『ダディクール』の盗作ではないかとする投稿があり、聞き比べによる検証が行われた。翌週のラジオ番組で、近田はあっさり「パクった」と認め、その言い訳をしない姿勢と元来猥雑であった近田のキャラクターから大きな問題にはならなかった。

1981年には人種熱のメンバーをそのままバックバンドとして取り込む形で、「近田春夫&ビブラトーンズ」を結成、アルバム1枚とミニアルバム1枚を発表する。同年、植田まさし原作4コマ漫画のアニメ映画「フリテンくん」で主役のフリテンくんに抜擢で出演。

1984年には、近田の原案・製作総指揮で、手塚眞監督によるミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』を製作。音楽も自ら担当した。

1985年からはファンクやラップに注目、President BPM名義で活動。自身のレーベルBPMを率いて、タイニー・パンクスらと日本語ラップのパイオニアとも言える活動を行う。1987年には「バンド形式によるヒップホップ」というコンセプトでビブラストーンを結成。

『タモリ倶楽部』の「空耳アワー」の年次総集編である「空耳アワード」の常連出演者で、自身も投稿した経験がある。ネタはストロベリー・パスの『イエローZ』からの露骨な下ネタの空耳で、レギュラーの安斎肇からは「しょうがねぇなーしょうがねぇなー、近田さん50になったっつーのに」と呆れられた。空耳アワード2004に出演した際「恥じるような(作品を)……」と詫びていた。また、この番組で共演したマーティ・フリードマンとはその後、ウェブや書籍の企画で対談するなど、交流がある[15][16]

「日本で初めてチョッパーベースを弾いたのはいかりや長介」という逸話は近田の流したデマである。NHK『土曜ソリトン SIDE-B』(1995年12月9日放送分)にて大槻ケンヂが得意げにこの逸話を披露した際、その場にいた近田が「あ、それ俺の流したデマだよ」と告白した。

2001年より自身のプロジェクト RICE等、サイケデリック・トランスの分野での活動を開始する。2006年には近田春夫&ハルヲフォン・リローデッドとしてイベントに出演。

近年でも著名なCMソングのプロデュースや、週刊文春での連載『考えるヒット』において歌謡曲の楽曲的分析を行うなど、活動は盛んである。

横浜市立本牧小学校校歌は、近田の作曲である。但し四分の一程は、小学校の教師が「変だったので直しておきました。」と近田本人が出演している2012年5月4日NHKラジオ第一放送で放送された「つながるラジオ ロックンローラー近田春夫の歌謡曲って何だ?」で語っている。

「セブンイレブン」がコンビニで、「麦とホップ」が第3のビールで「抜きん出ている」と語っている。[17]

出演

  • 午後のまりやーじゅ(金曜)「ロックンローラー近田春夫の歌謡曲って何だ?」(NHKラジオ第1、2013年3月までの「つながるラジオ」から継続)

バラエティー

  • タモリ倶楽部(テレビ朝日)不定期出演 - 主に音楽企画・空耳アワード審査員

ディスコグラフィ

シングル

1970年代

  1. FUNKYダッコNo.1 (1975年、ハルヲフォン名義)
  2. シンデレラ (1976年、近田春夫&ハルヲフォン名義)
  3. 恋のT.P.O. (1976年、近田春夫&ハルヲフォン名義)
  4. ロキシーの夜 (1977年、A面近田春夫名義、B面近田春夫&ハルヲフォン名義)
  5. きりきりまい (1978年、近田春夫&ハルヲフォン名義)
  6. 恋のグンギン・ナイト (1979年発売予告 - 実現しなかったシングル)
  7. エレクトリック・ラブ・ストーリー (1979年、ソロ)
  8. ああ、レディハリケーン (1979年、ソロ / 近田春夫&BEEF) - 資生堂「レディバスボン」CMソング

1980年代

  1. 星くず兄弟の伝説 (1980年、ソロ)
  2. Goin'にMy Way (1981年、青木美冴 / 人種熱+近田春夫名義)
  3. 金曜日の天使 (1981年、近田春夫&ビブラトーンズ名義)
  4. スマートなゲートボール (1983年、ゲートボール名義)
  5. 星くず兄弟の伝説 (1985年、スターダスト・ブラザーズ名義)
  6. MASS COMMUNICATION BREAKDOWN (1985年、President BPM名義)
  7. NASU-KYURI (1986年、President BPM名義)
  8. Hoo! Ei! Ho! (1987年、BPM PRESIDENTS featuring TINNIE PUNX名義)
  9. COME★BACK (1986年、F.O.E. featuring HARUOMI HOSONO with President BPM and SEIKOH ITOH名義)
  10. だからDESIRE (1986年、宮崎美子 / BPM名義)

1990年代

  1. ジェットコースター (1991年、ビブラストーン名義)
  2. MIKKY-D / 金っきゃねぇ (1991年、ビブラストーン名義)
  3. フーディスト村 (1992年、ビブラストーン名義)
  4. やだ (1992年、ビブラストーン名義)
  5. TVドラマはすべて現実? (1993年、ビブラストーン名義)
  6. ナイトメア (1994年、ビブラストーン名義)
  7. 444 (1997年、Afromix名義)
  8. WORM (1997年、Afromix名義)
  9. SCUTTLE SHAKE (1997年、SCSI-TR名義)
  10. HOT ROD 2001 (1997年、SCSI-TR名義)
  11. Black Light (1997年、NO CHILL OUT名義)
  12. FUNKY-ZERO (1997年、NO CHILL OUT名義)

アルバム

1970年代

  • ロック・パイロット (1971年、ロック・パイロット名義)
  • 日本国憲法 平和・自由・愛(1971年、羅生門名義)
  • インディアン、死よりも赤を選ぶ (1972年、羅生門名義)
  • ROCK IMPULSE! ゴーゴー大パーティー (1972年、ゴジラとイエロージプシー名義)
  • 神崎みゆき ファースト・アルバム (1973年、加藤ヒロシとそのグループ名義)
  • ロックンロール放送局 (1973年、1815ロックンロールバンド名義)
  • COME ON LET'S GO (1976年、近田春夫&ハルヲフォン名義)
  • ハルヲフォン・レコード (1977年、近田春夫&ハルヲフォン名義)
  • 電撃的東京 (1978年、近田春夫&ハルヲフォン名義)
  • 天然の美 (1979年、ソロ)

1980年代

1990年代

  • ENTROPY PRODUCTIONS (1991年、ビブラストーン名義)
  • Smile!! It's not the end of the world (1993年、ビブラストーン名義)
  • ハルヲフォン・メモリアル (1994年、近田春夫&ハルヲフォン名義、解散後のCD化ベスト盤)
  • NATIONAL (1994年、ビブラストーン名義)
  • BEST 1991→1994,→ (1995年、ビブラストーン名義)
  • Delicious Hip (1997年、Delicious Hip名義)

2000年代

  • KINGDOM COM (2003年、The Lunatic Thunder名義)
  • B.P.M.syndicate (2003年、Rice名義)
  • 近田春夫&ハルヲフォンLIVE! 1975 - 77 (2006年、近田春夫&ハルヲフォン名義、解散後のCD化ベスト盤)
  • リメンバー・グループ・サウンズ (2008年、近田春夫&ハルヲフォン名義、解散後のCD化ベスト盤)
  • Encounter (2011年、The Lunatic Thunder名義)

おもな楽曲提供

おもなCM音楽

  • 資生堂「レディバスボン」 - 近田春夫&BEEF『ああ、レディハリケーン』
  • レナウン - ビブラトーンズ『AOR大歓迎』
  • チョコボール
  • 爽健美茶
  • リカルデント
  • なっちゃん
  • エメロン
  • タカラ本みりん - 宮崎美子
  • ライオン「ナテラ」 - 『ヤシからナテラ』
  • 内外薬品「ケロリン」

近田はCM楽曲を1,000曲以上作曲しており、日本のCM界では3位にあたる(1位は小林亜星で6,000曲以上、2位はキダ・タローで3,000曲以上)。

おもな提供先アーティスト

  • 青木美冴『Goin'にMy Way』
  • EVE『恋はパッション』※作曲研究所名義
  • 柏原よしえ『乙女心何色?』
  • 川口雅代『最新情報』
  • クールス『シンデレラ』
  • 小泉今日子『Fade Out』
  • 小林千絵『ちぐはぐキッス』
  • ザ・ぼんち『恋のぼんちシート』
  • ジューシィ・フルーツジェニーはご機嫌ななめ
  • スペクトラム『夜明け(アルバ)』(シングルバージョン)※スペクトラムとの共作
  • 戸川京子『悲しみはリアルすぎて…』
  • ラジオっ娘『恐れちゃいけない』『ひとつになりましょ』『デートとは何か?』
  • 貴島サリオ『忘れさせてあげる』

プロデュースしたアーティスト

フィルモグラフィ

特筆以外のクレジットはすべて「音楽」である[3][4]

  • 『濡れた賽ノ目』 : 監督若松孝二、主演司美知子・山谷初男、製作若松プロダクション、配給日活、1974年9月11日公開(成人映画・映倫番号 17890) - 音楽・「塚田みのる名義」名義[3][4]
  • 『(秘)肉体調教師』 : 監督白井伸明、主演渚りな、製作・配給にっかつ、1978年5月20日公開(成人映画・映倫番号 19400) - 音楽・「近田春夫&ハルヲフォン」名義
  • 『餌食』 : 監督若松孝二、主演内田裕也、音楽ピーター・トッシュ/マトゥンビ、製作獅子プロダクション、配給東映、1979年6月23日公開(映倫番号 19809) - 出演
  • 『暴行儀式』 : 監督根岸吉太郎、脚本荒井晴彦、主演紗貴めぐみ、製作・配給にっかつ、1980年2月16日公開(成人映画・映倫番号 110019) - 音楽・「近田春夫&ハルヲフォン」名義(挿入曲『いえなかったんだ』)、68分の上映用プリントをNFCが所蔵
  • 『ピーマン80』 : 製作・監督居作昌果、主演谷隼人、製作東宝・AV企画、配給東宝、1979年9月8日公開(映倫番号 19799) - 主題曲・作詞・作曲
  • 『ニッポン警視庁の恥といわれた二人 刑事珍道中』 : 監督斎藤光正、主演中村雅俊・勝野洋、製作角川春樹事務所・東映、配給東映、1980年10月4日公開(映倫番号 110198)
  • 『悪魔と姫ぎみ』 : 監督高橋良輔、主演木ノ葉のこ、主題歌青木美冴、挿入歌ジューシィ・フルーツ、製作・配給スーパーウッド、1981年3月20日公開(映倫番号 不明)
  • フリテンくん』 : 監督杉山卓、音楽監修松下治夫、主題歌中崎英也、製作東宝・ナック、配給東宝、1981年4月11日公開(映倫番号 110338) - 声の出演「フリテンくん」役
  • 『星くず兄弟の伝説』 : 監督・脚本・編集手塚眞、主演久保田しんご・高木一裕、製作「星くず兄弟の伝説」プロジェクト、配給シネセゾン、1985年6月15日公開(映倫番号 111698) - 製作総指揮・原案・音楽監督・出演「おちぶれたミュージシャン」役
  • 『バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ』「カラダだけの男」 : 監督明石和幸、主演沢田研二、製作光和インターナショナル、配給松竹、1991年9月14日公開(映倫番号 113591)
  • 『ロック誕生 The Movement 70'S』 : 監督村兼明洋、主演内田裕也、製作「ロック誕生」Partners、配給「ロック誕生」Partners・日本出版販売、2008年10月25日公開(映倫番号 不明) - 出演
  • ララピポ』 : 監督宮野雅之、主演成宮寛貴、製作「ララピポ」製作委員会、配給日活、2009年2月7日公開(映倫番号 118241)

ビブリオグラフィ

  • 気分は歌謡曲 (インターソング / 雄山閣出版、1979年10月)
  • 演奏しよう! バンドっておもしろい (ポプラ社、1994年4月 ISBN 4591045595)
  • VIBE RHYME(アイ・セクション、川勝正幸 編、1994年10月)(複製webサイト2012年2月1日開設-2018年1月サイト管理者の都合により一時閉鎖)
  • 考えるヒット (文藝春秋、1998年4月 ISBN 4163540008)
文庫版 文藝春秋 、2000年12月 ISBN 4167107082
  • 定本 気分は歌謡曲 (文藝春秋、1998年12月 ISBN 416354660X) - 1979年版の復刻・新編集版
  • 考えるヒット2 (文藝春秋、1999年5月 ISBN 4163551409)
文庫版 文藝春秋、2001年7月 ISBN 4167107090
  • 考えるヒット3 (文藝春秋、2000年5月 ISBN 4163562001)
文庫版 文藝春秋、2002年5月 ISBN 4167107104)
  • その意味は 考えるヒット4 (文藝春秋、2001年4月 ISBN 416357350X)
文庫版 文藝春秋、2003年11月8日 ISBN 4167107112
  • 大きくふたつに分けるとすれば 考えるヒット5 (文藝春秋、2002年4月 ISBN 4163584501])
  • いいのかこれで 考えるヒット6 (文藝春秋、2003年5月 ISBN 4163597107)
  • 僕の読書感想文 (国書刊行会、2008年12月 ISBN 4336050899)
  • 内田裕也 俺は最低な奴さ (内田裕也・近田春夫プロデュース/白夜書房、2009年11月16日 ISBN 4861915252)[18]

脚注

  1. ^ 泉麻人『けっこう凄い人』p.40
  2. ^ a b 京都精華大で佐久間正英、近田春夫、高野寛、Boseが教授、ナタリー、2012年4月25日付、2015年2月6日閲覧。
  3. ^ a b c d 山田[2009], p.171-173.
  4. ^ a b c d 濡れた賽ノ目日活、2015年2月6日閲覧。
  5. ^ 泉麻人『けっこう凄い人』p.41
  6. ^ 泉麻人『けっこう凄い人』p.42
  7. ^ 泉麻人『けっこう凄い人』p.40-41
  8. ^ 泉麻人『けっこう凄い人』p.42
  9. ^ 泉麻人『けっこう凄い人』p.44
  10. ^ a b 恒田義見の公式ブログ「ROCK'N ROLL MY WAY」内の「ハルヲフォン誕生」(2008年12月14日付)の記述を参照。
  11. ^ 「ゴジラ (バンド)」の項、およびファンサイト「アラン・メリル」でのアラン・メリルインタヴューの記述を参照。
  12. ^ 「オールナイトニッポンのパーソナリティ一覧」の項の記述を参照。
  13. ^ “週1”化で、あなたはもう「ロックンローラー近田春夫の歌謡曲って何だ?」に“やみつき”!
  14. ^ 近田の著書『僕の読書感想文』を参照。
  15. ^ 【特別対談】 近田春夫×マーティ・フリードマン ~Perfumeのサウンドを語る~”. 音楽出版社. 2009年4月26日閲覧。Perfumeとは空耳アワード2009でマーティ・フリードマンらとともに出演している。
  16. ^ ジャップ・ロック・サンプラー -戦後、日本人がどのようにして独自の音楽を模索してきたか-
  17. ^ 『菊地成孔の粋な夜電波』第35回(2011年12月16日)の写真館です。近田春夫さんと2時間サシで対談。
  18. ^ 白夜書房HP『内田裕也 俺は最低な奴さ』【近田春夫・プロデュース】

参考文献

  • 『山田広野の活弁半生劇場 - 活弁映画監督のつくりかた』、山田広野、ポット出版、2009年3月14日発行 ISBN 4780801222

関連項目

  • Category:近田春夫

外部リンク

ウィキペディア 無料のウェブ百科事典より・ ウィキペディアでの編集

関連する展覧会

Loading...