99 100 101
素因数分解 22×52
二進法 1100100
六進法 244
八進法 144
十二進法 84
十六進法 64
十八進法 5A
二十進法 50
ローマ数字 C
漢数字
大字
算木 Counting rod v1.pngCounting rod 0.pngCounting rod 0.png
「百」の筆順

100(ひゃく、もも)は自然数、また整数において、99の次で101の前の数である。

漢字の(ひゃく、もも)は、単に100を意味する以外に、非常に多いことも表す。また、日本語の訓読みでは、百倍を意味する語尾を「お」(歴史的仮名遣では「ほ」)と読む(例:五百(いお)、八百(やお))。

また、日本語の大和言葉では、数としての100を「もも」といい、単位としての100を「お」(歴史的仮名遣では「ほ」)という(例:五百(いお)= 5 × 100 、八百(やお)= 8 × 100 )。

英語ではhundred(ハンドレッド)およびone hundred(ワン・ハンドレッド)と表記され、序数詞では100th、hundredthおよびone hundredthとなる。ラテン語ではcentum(ケントゥム)。

性質

  • 100 は合成数であり、約数は 1, 2, 4, 5, 10, 20, 25, 50 と 100 である。
    • 約数の和は217。
      • σ(100) = 217 > 100 × 2 より22番目の過剰数である。1つ前は96、次は102。(ただし σ は約数関数)
      • 約数の和が奇数になる17番目の数である。1つ前は98、次は121。
    • 約数を9個もつ2番目の数である。1つ前は36、次は196。
  • 100 = 102
    • 10番目の平方数である。1つ前は81、次は121。
      • 平方数がハーシャッド数になる6番目の数である。1つ前は81、次は144。
    • n = 2 のときの 10n の値とみたとき1つ前は10、次は1000。
    • 100 = (2 × 5)2
      • n = 5 のときの (2n)2 の値とみたとき1つ前は64、次は144。(オンライン整数列大辞典の数列 A016742)
      • n = 2 のときの (5n)2 の値とみたとき1つ前は25、次は225。(オンライン整数列大辞典の数列 A016850)
  • 100 = 102 = 62 + 82
    • この式で登場する (6, 8, 10) の組はピタゴラス数である。
    • 異なる2つの平方数の和で表せる29番目の数である。1つ前は97、次は101。(オンライン整数列大辞典の数列 A004431)
  • 二十進数の50は、十進数では100となる。
  • 最初の9つの素数の和である。1つ前は77、次は129。
    100 = 2 + 3 + 5 + 7 + 11 + 13 + 17 + 19 + 23
    • 9連続素数和とみたとき最小。次は127。
  • 異なる2つの素数の和6通りで表せる4番目の数である。1つ前は72、次は106。(オンライン整数列大辞典の数列 066722)
    100 = 3 + 97 = 11 + 89 = 17 + 83 = 29 + 71 = 41 + 59 = 47 + 53
  • 100 = 26 + 62 = 43 + 62
    • 100 = 26 + 62
      • n = 6 のときの 2n + n2 の値とみたとき1つ前は57、次は177。(オンライン整数列大辞典の数列 A001580)
      • n = 2 のときの 6n + n6 の値とみたとき1つ前は7、次は945。(オンライン整数列大辞典の数列 A001594)
  • 100 = 13 + 23 + 33 + 43
    • 自然数の立方和とみたとき1つ前は36、次は225。
    • n = 3 のときの 1n + 2n + 3n + 4n の値とみたとき1つ前は30、次は354。
    • 4連続整数の立方和とみたとき自然数の範囲だと最小、整数の範囲だと1つ前は36、次は224。
    • 100 = 03 + 13 + 23 + 33 + 43
      • 5連続整数の立方和とみたとき負の数を除くと最小、整数の範囲だと1つ前は35、次は225。
    • 4つの正の数の立方数の和で表せる20番目の数である。1つ前は93、次は107。(オンライン整数列大辞典の数列 A003327)
    • 異なる4つの正の数の立方数の和1通りで表せる最小の数である。次は161。(オンライン整数列大辞典の数列 A025408)
      • 異なる4つの正の数の立方数の和 n 通りで表せる最小の数である。次の2通りは1036。(オンライン整数列大辞典の数列 A025421)
  • 33番目のハーシャッド数である。1つ前は90、次は102。
    • 1を基とする3番目のハーシャッド数である。1つ前は10、次は1000。
  • 100 = 53 − 52
    • n = 5 のときの n3n2 の値とみたとき1つ前は48、次は180。(オンライン整数列大辞典の数列 A045991)
  • 基数4の1つ目の自己記述数である。もう1つは136。
  • 1/100 = 0.01
    • 逆数が有限小数になる14番目の数である。1つ前は80、次は125。(オンライン整数列大辞典の数列 A003592)
    • 整数の逆数の有限小数のうち小数第2位が最後の桁になるのは他に 1/4 = 0.25 , 1/20 = 0.05 , 1/25 = 0.04 , 1/50 = 0.02 の4つ。
    • 割合では、百分率では1%、千分率10‰。
  • 1a = 10m×10m = 100m2(→面積の比較)
    • 1ha = 100a = 100m×100m = 10,000m2
  • 次のような表示をもつ(下線部は循環節)。
    • 20 ,−20。循環節の長さは2)
    • −100, 20。循環節の長さは2)
  • 次のような小町算の解答例をもつ。
    • 123 − 45 − 67 + 89 = 100
    • 12 + 3.4 + 5.6 + 7 + 8 × 9 = 100
    • 1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 × 9 = 100
    • 1 × 2 × 3 − 4 × 5 + 6 × 7 + 8 × 9 = 100
  • 100 = √10000

その他 100 に関連すること

  • SI接頭辞では100倍はh(ヘクト)、1/100はc(センチ)である。
    • 一般に、100の接頭辞はcenti(拉)、hecto, hecato, hecatont(希)。
    • 100倍をcentuple(センタプル)ともいう。
  • 郵便番号100は、東京都千代田区の麹町地域東部(皇居、丸の内、永田町など)を指す。
  • 原子番号100の元素はフェルミウム (Fm) である。
  • 日本の電話番号 100 は、オペレータ扱いの通話で、通話料金を案内するサービスである(100番通話)。
  • 100年を1世紀という。
    • 英語で「100年」を意味するcentenaryは、ラテン語のcentenariusに由来し、本来は年に限らず「100単位」「百個一組」を意味した。ケントゥリアも参照のこと。
    • うるう年の判定基準として100がある。
      • 西暦が4で割り切れればうるう年であるが、100で割り切れれば(例:1700年、1800年ほか)うるう年ではない。しかし、このうち400で割り切れる年はうるう年である。
    • 西暦100年 - 1世紀最後の年
  • 一般に、100は「多数」を意味することが多い。例:百科事典、百獣、百人力。
    • そのことから、一つの目標とされる場合もある。例:百人組手、百人抜き、百(100)歳。
    • 類似した言葉に、いくらでもあるという意味で、「五万とある」という言葉がある。
  • 百分率:全体を100として例える。
    • 百分率の習慣から、「完全」「最高値」「1倍」を意味することが多い。例:100点満点、100%。
  • 摂氏温度計は、水の融点を0°、沸点を100°としている(記号:℃)。
  • 現在日本で発行されている硬貨のうち2番目に高額なものは100円玉である。
  • 第100代天皇後小松天皇である。
  • 第100代ローマ教皇はウァレンティヌス(在位:827年9月1日~9月16日)である。
  • 4月10日は、1月1日からの数え日数がちょうど100日目である。2015年4月10日、めざましテレビ内放送中のアニメ「紙兎ロペ」にて、この日に関する話題が放送された。
  • クルアーンにおける第100番目のスーラは進撃する馬である。
  • 小倉百人一首
  • 100系(100を形式に持つ鉄道車両のリスト)
  • 百を和語系数詞で「もも」と読む。ただし現代日本語では「もも」が数として用いられることはなく、「百恵(ももえ)」「百田(ももた、ひゃくたと読む事も)」のように固有名詞などの中で痕跡的に現れるに過ぎない。
  • 百日を和語系数詞で「ももか」と読む。生後百日目の宮参りを「ももかまいり(百日参り)」と呼ぶが、これ以外に現代日本語で「ももか」が使われることはほとんどない。
  • 漢字の「百」は一と100を示す音から採られた白との合字「一+白→百」から産まれた。
  • 「百々」と書いて「どど」「どうどう」と読むことがある。百々川(どどかわ)、百々目鬼(どどめき)など。
  • 100メートル競走、100メートルハードル(陸上競技種目)。100m自由形、100m平泳ぎ、100mバタフライ、100m背泳ぎ(競泳)。
  • 100円ショップ
  • 100m道路(都市計画)
  • 100円橋
  • 100円バス
  • 百さん:地方によっては曽祖母を指す。
  • 百人町(東京都新宿区)
  • クイズ100人に聞きました:TBSのクイズ番組。1979年 - 1992年。
  • 日本のプロ野球では北海道日本ハムファイターズ(大社義規初代球団オーナー)の永久欠番となっている。横浜DeNAベイスターズでも、「球団に対して貢献のある複数の著名人のための番号」として、1997年から2012年まで永久欠番に指定されていた。
  • センタムシティ:「センタム」はラテン語で100を意味する。
  • ユーノス・100:かつて、マツダがユーノスブランドで販売していたハッチバック。
  • 大日本帝国陸軍において、皇紀2600年(昭和15年、1940年)に制式化された兵器は一〇〇式と呼ばれる。(例一〇〇式司令部偵察機など。)
  • 機動戦士Ζガンダム及び機動戦士ガンダムΖΖに登場するガンダム系のモビルスーツ百式というものが存在するが、これは型式番号がMSN-100(正式にはMSN-00100と表記されるのが正しいとされる)であることに由来している。
  • 百識シリーズ:イノッチ先生が、Hey! Say! JUMPジャニーズJr.の面々に様々なジャンルに関する知識を教えるという番組。フジテレビ (CX) 系19局と大分放送(TBS系)にて放映中(うちフジテレビと仙台放送は同時ネット)。
  • 百姓一揆:日本の農民(当時、"百姓"と呼んでいた)が貧困や旱魃等などを理由に武力行使を行う抵抗運動のこと。
  • アウディ・100:ドイツ(旧西ドイツ)のアウディ社が生産した乗用車。
  • 百番:便所
  • トヨタ・センチュリー豊田佐吉翁の生誕100年(=1世紀)を記念して命名された。
  • 1 vs. 100:、ヨーロッパ、アメリカ合衆国、オーストラリア、韓国や香港など、世界各国で放送されているクイズ番組
  • インド・ヨーロッパ語族をケントゥム語派とサテム語派に分ける場合に「百」という単語を用いる。ラテン語ではケントゥムでイランのアヴェスター語ではサテム。
  • 漫画・アニメ『キン肉マン キン肉星王位争奪編』で、キン肉マンマリポーサ率いる飛翔(マリポーサ)チームのメンバーにキング・ザ・100トンという超人がいる。
  • 100(one hundred):『森田一義アワー 笑っていいとも!』内で、ナインティナイン(岡村隆史、矢部浩之)と中居正広(SMAP)の3人で結成されたグループ。
  • R100:2013年10月5日に公開された日本映画作品。
  • テレビアニメ『遊☆戯☆王ZEXAL』(及びそれを元にアレンジした漫画版)は、「No.(ナンバーズ)」と呼ばれる100枚のカードをめぐる戦いを題材にしている(『ZEXAL II』では+αが加わった)。

百を形容詞とするもの

  • 百選 - 日本名城百選
  • 百式
  • 百貨店
  • 百葉箱
  • 百日咳
  • 百物語
  • 百面相
  • 百科事典
  • 百人一首
  • お百度参り
  • 日本百名山
  • 日本100名城 - 続日本100名城

101 から 199 までの整数

101から120


101 = 素数、双子素数(101,103)、四つ子素数(101,103,107,109)、5つの連続した素数の和(101 = 13 + 17 + 19 + 23 + 29)


102 = 2 × 3 × 17、楔数、ハーシャッド数、4つの連続した素数の和(102 = 19 + 23 + 29 + 31)


103 = 素数、双子素数(101,103)、四つ子素数(101,103,107,109)


104 = 23 × 13、原始擬似完全数


105 = 3 × 5 × 7、三角数、楔数、1番目から5番目までの四角錐数の和(105 = 1 + 5 + 14 + 30 + 55)


106 = 2 × 53、半素数


107 = 素数、安全素数、双子素数 (107, 109)、四つ子素数 (101, 103, 107, 109)、メルセンヌ素数、エマープ (107 ←→ 701)


108 = 22 × 33、アキレス数、テトラナッチ数、ハーシャッド数


109 = 素数、双子素数 (107, 109)、四つ子素数 (101,103,107,109)


110 = 2 × 5 × 11、楔数、ハーシャッド数、矩形数 (110 = 10 × 11)、3つの連続した平方数の和 (110 = 52 + 62 + 72)


111 = 3 × 37、半素数、完全トーシェント数、ハーシャッド数


112 = 24 × 7、七角数、ハーシャッド数、6つの連続した素数の和 (112 = 11 + 13 + 17 + 19 + 23 + 29)


113 = 素数、オイラー素数、ソフィー・ジェルマン素数、エマープ (113 ←→ 311)


114 = 2 × 3 × 19、楔数、ハーシャッド数、ノントーシェント


115 = 5 × 23、半素数


116 = 22 × 29、連続する3つの偶数の平方数の和 (116 = 42 + 62 + 82)


117 = 32 × 13、五角数、ハーシャッド数


118 = 2 × 59、半素数、ノントーシェント


119 = 7 × 17、半素数


120 = 23 × 3 × 5、階乗数 (5! = 5 × 4 × 3 × 2 × 1 = 120)、高度合成数、三角数、六角数、三角錐数 (120 = 22 + 42 + 62 + 82)、ハーシャッド数

121から140


121 = 112、平方数、フリードマン数、半素数、回文数、スミス数、六芒星数


122 = 2 × 61、半素数、ノントーシェント


123 = 3 × 41、半素数、リュカ数


124 = 22 × 31、連続する8つの素数の和 (124 = 5 + 7 + 11 + 13 + 17 + 19 + 23 + 29)、ノントーシェント


125 = 53、立方数、フリードマン数、ルース=アーロン・ペア (125, 126)


126 = 2 × 32 × 7、フリードマン数、ルース=アーロン・ペア (125, 126)、ハーシャッド数、五胞体数、4つの連続した平方数の和 (126 = 42 + 52 + 62 + 72)


127 = 素数、メルセンヌ素数、ナイスフリードマン数


128 = 27、フリードマン数


129 = 3 × 43、半素数、連続する10個の素数の和 (129 = 2 + 3 + 5 + 7 + 11 + 13 + 17 + 19 + 23 + 29)


130 = 2 × 5 × 13、楔数


131 = 素数、オイラー素数、ソフィー・ジェルマン素数、回文数、回文素数、連続する3つの素数の和 (131 = 41 + 43 + 47)


132 = 22 × 3 × 11、ハーシャッド数、矩形数 (132 = 11 × 12)、カタラン数


133 = 7 × 19、半素数、ハーシャッド数


134 = 2 × 67、半素数


135 = 33 × 5、ハーシャッド数


136 = 23 × 17、三角数


137 = 素数、双子素数 (137, 139)


138 = 2 × 3 × 23、楔数、連続する4つの素数の和 (138 = 29 + 31 + 37 + 41)


139 = 素数、双子素数 (137, 139)


140 = 22 × 5 × 7、調和数、四角錐数 (140 = 12 + 22 + 32 + 42 + 52 + 62 + 72)、ハーシャッド数

141から160


141 = 3 × 47、半素数、回文数


142 = 2 × 71、半素数


143 = 11 × 13、半素数、3つの連続する素数の和 (143 = 43 + 47 + 53)、7つの連続する素数の和 (143 = 11 + 13 + 17 + 19 + 23 + 29 + 31)


144 = 24 × 32、平方数 (144 = 122)、フィボナッチ数、ハーシャッド数、高度トーシェント数


145 = 5 × 29、半素数、五角数


146 = 2 × 73、半素数


147 = 3 × 72


148 = 22 × 37、七角数


149 = 素数、双子素数(149,151)、エマープ (149 ←→ 941)、トリボナッチ数、3つの連続した平方数の和 (149 = 62 + 72 + 82)


150 = 2 × 3 × 52、ハーシャッド数


151 = 素数、双子素数(149,151)、オイラー素数、回文数、回文素数


152 = 23 × 19、ハーシャッド数


153 = 32 × 17、ハーシャッド数、三角数、六角数、フリードマン数、ナルシシスト数


154 = 2 × 7 × 11、楔数


155 = 5 × 31、半素数、連続する11個の素数の和 (155 = 2 + 3 + 5 + 7 + 11 + 13 + 17 + 19 + 23 + 29 + 31)


156 = 22 × 3 × 13、矩形数(156 = 12 × 13)、ハーシャッド数、連続する12個の偶数の和(156 = 2 + 4 + 6 + 8 + 10 + 12 + 14 + 16 + 18 + 20 + 22 + 24)


157 = 素数


158 = 2 × 79、半素数


159 = 3 × 53、半素数


160 = 25 × 5、連続する11個の素数の和(160 = 2 + 3 + 5 + 7 + 11 + 13 + 17 + 19 + 23 + 29 + 31)

161から180


161 = 7 × 23、半素数、回文数


162 = 2 × 34、ハーシャッド数


163 = 素数


164 = 22 × 41


165 = 3 × 5 × 11、三角錐数(165 = 12 + 32 + 52 + 72 + 92)、楔数


166 = 2 × 83、半素数、スミス数


167 = 素数、安全素数


168 = 23 × 3 × 7


169 = 132、平方数、半素数、ペル数


170 = 2 × 5 × 17、楔数


171 = 32 × 19、ハーシャッド数、三角数、回文数


172 = 22 × 43


173 = 素数、オイラー素数、ソフィー・ジェルマン素数、連続する3つの素数の和(173 = 53+59+61)


174 = 2 × 3 × 29、楔数、4つの連続した平方数の和(174 = 52 + 62 + 72 + 82


175 = 52 × 7


176 = 24 × 11、五角数


177 = 3 × 59、半素数


178 = 2 × 89、半素数


179 = 素数、双子素数(179, 181)、ソフィー・ジェルマン素数、安全素数、エマープ(179 ←→ 971)


180 = 22 × 32 × 5、高度合成数、ハーシャッド数、6つの連続する素数の和(180 = 19 + 23 + 29 + 31 + 37 + 41)

181から199


181 = 素数、双子素数 (179, 181)、回文数、回文素数、六芒星数


182 = 2 × 7 × 13、矩形数 (182 = 13 × 14)、連続する13個の偶数の和 (182 = 2 + 4 + 6 + 8 + 10 + 12 + 14 + 16 + 18 + 20 + 22 + 24 + 26)、楔数


183 = 3 × 61、半素数、完全トーシェント数


184 = 23 × 23


185 = 5 × 37、半素数


186 = 2 × 3 × 31、楔数


187 = 11 × 17、半素数


188 = 22 × 47


189 = 33 × 7、七角数


190 = 2 × 5 × 19、三角数、六角数、楔数、ハーシャッド数


191 = 素数、双子素数(191,193)、四つ子素数(191,193,197,199)、ソフィー・ジェルマン素数、回文数、回文素数


192 = 26 × 3、ハーシャッド数、3つの連続した偶数の積(192 = 4 × 6 × 8)


193 = 素数、双子素数(191,193)、四つ子素数(191,193,197,199)


194 = 2 × 97、半素数、3つの連続した平方数の和(194 = 72 + 82 + 92


195 = 3 × 5 × 13、楔数、ハーシャッド数、3つの連続した素数の平方数の和(195 = 52 + 72 + 112


196 = 22 × 72、平方数(196 = 142


197 = 素数、双子素数(197,199)、四つ子素数(191,193,197,199)、オイラー素数、連続する12個の素数の和(197 = 2 + 3 + 5 + 7 + 11 + 13 + 17 + 19 + 23 + 29 + 31 + 37)


198 = 2 × 32 × 11、ハーシャッド数


199 = 素数、双子素数(197,199)、四つ子素数(191,193,197,199)、エマープ(199 ←→ 991)、リュカ数

関連項目

  • 数に関する記事の一覧
  • 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100
  • 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109
  • 100 110 120 130 140 150 160 170 180 190
  • 100 200 300 400 500 600 700 800 900
  • 10 100 1000 10000 100000 1000000 10000000 100000000
  • 名数一覧
100 から 199 までの整数
100 101 102 103 104 105 106 107 108 109
110 111 112 113 114 115 116 117 118 119
120 121 122 123 124 125 126 127 128 129
130 131 132 133 134 135 136 137 138 139
140 141 142 143 144 145 146 147 148 149
150 151 152 153 154 155 156 157 158 159
160 161 162 163 164 165 166 167 168 169
170 171 172 173 174 175 176 177 178 179
180 181 182 183 184 185 186 187 188 189
190 191 192 193 194 195 196 197 198 199
  • 斜体で表した数は素数である。
  • 1月0日 - グレゴリオ暦では存在しない日付
ウィキペディア 無料のウェブ百科事典より・ ウィキペディアでの編集

関連する展覧会

Loading...