Vv Vv
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

Vは、ラテン文字(アルファベット)の22番目の文字。小文字は v 。U, W, Yとともにギリシャ文字のΥ(ウプシロン)に由来し、キリル文字のУは同系の文字である。Υ(ウプシロン)の別形に由来するとも同系といえる。キリル文字のВは、発音の上では同類の文字だが、成りたちは異なる(こちらはギリシャ文字のΒに由来)。

字形

下で屈曲したひと連なりの線であり、2本の線分である。大文字と小文字で同じ形である。筆記体では下部が丸まることがあるが、Uないしuとの区別のため、右上で下に折り返して次の字に進む。フラクトゥールは 。 Oqoaiwiwqloqqiiqijqjqj

呼称

  • ラテン語: v(ウー)
  • 仏語: vé [ve](ヴェ)
  • 伊語:vu(ヴ)
  • 英語: vee [viː]V (letter name).ogg 聞く (ヴィー)
  • 独語: vau [faʊ](ファウ)
  • インドネシア語:フェー [feː]
  • 蘭語: フェー [feː] または ヴェー [veː]
  • スペイン語: ve(ベ)、uve(ウベ)、ve baja(ベバハ)、ve chica(ベチカ)
  • エスペラント: vo(ヴォ)
  • 日本語: ブイ([bɯi][bui])、希にヴィー([viː])、ヴイ([vɯi][vui])、ヴィ([vi]

音素

この文字が表す音声は、

  • 国際音声記号では、小文字の[v]が有声唇歯摩擦音を表す。通常は子音として発音されるが、[vͅ]と単独で音節性を持つこともできる。
  • フランス語、英語、ポルトガル語、エスペラント、リス語[1]では [v]
    • フランス語では語末の子音は発音されない語が多いが、v は発音することが多い。
  • ラテン語では本来は、母音[u] と半母音 [w] を区別せず表した。[u] のために専用の文字 U が導入されてからは、もっぱら [w] を表す。
  • チワン語では [w] を表す[2]
  • ドイツ語、インドネシア語では [f]を表す。
    • ドイツ語では、主にラテン語などからの借用語では、[v] と発音する。
    • インドネシア語ではしばしば [p] で発音する。
  • オランダ語では [v] だが、特に語頭で無声化した [f] で発音する人が多い。
  • スペイン語では [b]を表す。ただしイタリア系移民の多いアルゼンチンの一部では [v]
  • 中国語の共通語(普通話)の拼音では、ラテン基本字26字のうち唯一使用されない。ただし、ü([y] を表すウムラウト付きu)が使用できない場合、vで代用することがある。中国語IMEのローマ字入力の際にもvキーで入力するものが多い。また、中国のパスポートでもVで代用されている。
  • 日本語のローマ字表記では通常使われないが、IMEでの「ヴ」とヴァ行音の入力に使われる。また、Unicodeにおける「ヴ」の名称もKATAKANA LETTER VUとVを使用している。
  • ミャオ語の川黔滇方言、滇東北方言では[v]を表すが、黔東方言では有声軟口蓋摩擦音[ɣ]を表す[3]
  • ペー語では子音としての[v]と音節主音、母音としての[vͅ]の両方に用いる[4]
  • ハニ語の1957年に考案された『哈尼族文字方案』では、母音の後にvを付けると緊張母音を表す[5]

歴史

Vは、本来ラテン語における半母音/w/の音素を表す文字である。古代のラテン文字にはUが存在せず、Vの文字は/w/とともに母音の/u/を表す文字としても用いられていた(例: AVGVSTVS、BVLGARI)。

Uの文字は、/u/の発音を/w/と書き分けるために、Vの小文字体をもとに中世のロマンス語において初めて登場し、やがてラテン語文献も遡って区別が行われるようになる。この表記は当初は大文字は下のとがったV、小文字は早く書くために下の丸いuだった。

ゲルマン語には、/w/ と別にラテン語にない /v/という音素が存在しており、母音/u/を表す文字として U が定着した結果、V の文字が/v/音を表すようになった。

さらに英語などでは/w/を表す文字として V(U) を二つ重ねて新たに W が作られた。ゲルマン語の一派である中世高地ドイツ語では/v/を表す文字としてWが使われていたが、同時にドイツ語からは/w/の音素が失われて V も /v/ で発音するようになり、さらに/f/の音素で発音する変化が起こった。同一の現象はドイツ語に近いオランダ語でもみられる。

日本語ではラテン語と同じく /w/ の音素はあるが /v/ がなかったため、近代英語などにおいて V で表される /v/ の音素を様々に音写している(この点についての詳細は、ヴの記事を参照)。

V の意味・用法

主に大文字

  • ローマ数字の5 (V)。
    • 医療用カルテの日付記載で5月を表す。例:「3/V」(5月3日)。
    • ヨーロッパの古い日付表記で、5日を表す。
    • 第五脳神経(三叉神経)。
    • ストリートファイターV  株式会社カプコンが製造、販売しているストリートファイターシリーズのナンバリング5つ目の作品。(まだ販売されていない)
  • バナジウムの元素記号。(vanadium)。
  • ボルト(電圧の単位)の単位記号。(volt)。
  • 分散。
  • 量記号
    • 体積・容積 (volume)。
    • 電圧・電位 (voltage)。
    • 色空間の明度 (value)。
    • 比視感度。
  • 母音 (vowelvowelle)。
  • 企業
    • VISA社のニューヨーク証券取引所証券コード(ティッカーシンボル)。
    • 携帯電話ではVodafone(現ソフトバンク)。
    • 音楽業界ではJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントを表す
    • カナダ ケベック州のフランス語テレビネットワークV。
  • 製品
    • ナチス・ドイツが第二次世界大戦末期に開発したロケット兵器Vergeltungswaffe(報復兵器)の略称。V1飛行爆弾、V2ロケットなど。
    • メルセデス・ベンツの車種・Vクラス。
    • ボルボの、ワゴン車種名を示す略号。
    • V - 1980年代に開発された分散OS。
    • 中国で発売されているWiiタイプのゲーム機。Viiとは異なる。
    • ソニーの記録メディア(VHS、DVD、BD)のブランド。
  • 時刻表で近鉄特急のビスタカー使用列車を示す記号。
  • 京急1000形電車 (2代)の大半の編成の編成記号。
  • 作品タイトル
    • ハイドンの交響曲第88番『V字』。
    • トマス・ピンチョンの小説『V.』。
    • 『V (1983年のテレビドラマ)』 - 1983年にアメリカで製作されたテレビミニシリーズ。地球に来襲した異星人「ビジター」と人類との戦いを描く。
    • 『V (2009年のテレビドラマ)』 - 2009年から2011年まで放送された上記作品のリメイク版。
    • 音楽ゲーム、beatmania IIDXシリーズ(beatmania IIDX 5th Style以降)に収録されている楽曲『V』 - TAKA名義の石川貴之の楽曲。アントニオ・ヴィヴァルディの四季の『冬』をモチーフとしている。続編の『V2』は「beatmania IIDX 16 EMPRESS」に収録。
    • V(ボルト)』 - 遊助の14枚目のシングル。
    • 『V (マルーン5のアルバム)』 - マルーン5が2014年に発表した5thアルバム。
  • 1980年代のグラフィックノベル『Vフォー・ヴェンデッタ』の主人公“V”。復讐を意味するVendettaの頭文字をとっている。2006年に映画化もされている。
  • 放送業界ではビデオテープ、転じて、収録済の素材を表す。
  • 優勝・勝利 (victory)。
    • Vサイン(ピースサイン)
    • V+数字で、連続優勝。
  • V字回復は、企業などの業績が急激に落ち込み、その後企業努力などで一気に業績が回復すること。
  • V字谷は、V字の断面をした谷。
  • アメリカ軍用機の命名規則のでの記号
    • 現状接頭記号としては、要人輸送。
    • 型式記号としては、垂直または単距離離着陸機。
  • 紋章学での英仏式の略記号で、緑色 (vert)。
  • 動詞 (verb)。
  • ベクトル空間を表すのにしばしば用いる。

主に小文字

  • ベクトル (vector) 変数。2文字目には u を使うことが多い。
  • 速度の量記号。2文字目には u を使うことが多い。
  • 量子群のパラメータ
  • バージョン(version)。v1.1など(大文字で表記される場合もある)。
  • 巻(かん)(volume)。
  • 記号のASCII表現。
    • インターネット上のチャットや掲示板ではハートマークをvで表す事がある。連続して使われることもある(例「大好きvvv」)。主に若い女性が用いる表現である。
    • チェックマーク「」。対応するバロットサイン「」はx。
    • 下向き矢印「↓」。対応する上向き矢印「↑」は^。
  • 姓の一部の、ドイツ語の前置詞フォン (von) またはオランダ語の前置詞ヴァン (van)。
  • 副 (vice)。たとえば v.president = vice president(副大統領・副社長)。

大文字・小文字

  • 単位接頭辞 - いずれもジム・ブロワーズ (Jim Blowers) の提案。
    • V = 1033 = ベンダカ (vendeka) または ブンダ (vunda)
    • v = 10−33 = ベンデコ (vendeko) または ブンクト (vunkto)

符号位置

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
V U+0056 1-3-54 V
V
v U+0076 1-3-86 v
v
U+FF36 1-3-54 V
V
U+FF56 1-3-86 v
v
全角
U+24CB Ⓥ
Ⓥ
U+24E5 1-12-54 ⓥ
ⓥ
丸囲み
🄥 U+1F125 🄥
🄥
U+24B1 ⒱
⒱
括弧付き
𝐕 U+1D415 𝐕
𝐕
𝐯 U+1D42F 𝐯
𝐯
太字

他の表現法

フォネティックコード モールス符号
Victor ・・・-
ICS Victor.svg Semaphore Victor.svg ⠧
信号旗 手旗信号 点字

脚注

  1. ^ 徐琳ほか、『傈僳語簡志』p126、1986年、民族出版社、北京
  2. ^ 韋景雲、覃祥周、『壮語基礎教程』p29、2008年、中央民族大学出版社、北京、ISBN 978-7-81108-475-7
  3. ^ 王輔世、『苗語簡志』pp146-147、1985年、民族出版社、北京
  4. ^ 徐琳、趙衍蓀、『白語簡志』p135、1984年、民族出版社、北京
  5. ^ 李永燧、『哈尼語語法』p14、1990年、民族出版社、北京、ISBN 710500648X

関連項目

  • - チルダ
  • Ʋ
  • ṿ
ウィキペディア 無料のウェブ百科事典より・ ウィキペディアでの編集

関連する展覧会

Loading...